野球肩や野球肘といったスポーツ障害の治療について

野球肩や野球肘などのスポーツ障害は、症状の起きる原因を解明し、それに適した治療を行う必要があります。
特に、これらのスポーツ障害は投球動作によって起こるもので、関節軟骨の完成しない小児期・少年期や、熱心に練習に励む人によくみられる一種の「使いすぎ症候群」とされています。

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院では、楽天イーグルス・ベースボールスクールでのメディカルトレーナー経験に基づく、野球少年の肩やひじに対する診療経験が豊富で、さらに、元プロ選手であるコーチや、東北大学の整形外科医や理学療法士と密に情報を交換しながら、最新のトレーナー理論に基づいた、スポーツ障害に対して適切な治療を行うことを目標としています。
また、肘や肩の故障や痛みの状態を細やかに観察・診察しながら、微弱電流、高周波電気治療、AKA、関節包内矯正など、最も適した治療・施術を選択して施しています。

宮町鍼灸整骨院は仙台市青葉区というアクセス条件の良い立地に開院しており、土日祝日にも開いていますので、練習帰りや学校・会社の休みに通いやすいと嬉しい声を頂いています。
宮町鍼灸整骨院では、野球を愛する方やプロ選手を夢見る子供たちが、ケガや故障を悪化させることなく、安全に回復、復帰するためのサポートを全力で行っています。
野球肩などのスポーツ障害に悩む方、不安を抱く方は是非ご相談ください。

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内