☆パリ☆

2018.12.06 | Category: きままブログ

ボンジュール~ マドモワゼル? ばーおですウッシッシ (顔)

 

 

先月、前々院長の佐々木先生が当院が応援している相原道場の!!

 

 

パリオープンテコンドー大会』に!!

 

 

トレーナーとしてサポートに行ってきてましたひらめき

 

相原道場からは4選手が参加しました。

 

 

パリ・・・いいですよねダッシュ (走り出すさま)

新婚旅行でも海外行ったことない、ばーおにとっては羨ましい限りです・・・もうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

ぴかぴか (新しい)凱旋門・・・ぴかぴか (新しい)

ぴかぴか (新しい)パリジャンヌ・・・ぴかぴか (新しい)

ぴかぴか (新しい)エッフェル塔・・・ ぴかぴか (新しい)  

 

観光目的ではないので、パリを堪能せず空気だけ味わってきたと思いますが・・・笑っ

 

 

 

結果は、1人の選手が見事勝利を飾り表彰台の上に立つことができました(^○^)ムード

 

ぴかぴか (新しい)おめでとうーーーーー!!ぴかぴか (新しい)

 

これからも、良い結果を残せるよう応援していきます

佐々木先生パリ旅お疲れ様でしたexclamation

 

 

 

 

加圧シャツの副作用!?

2018.12.04 | Category: きままブログ,冷え症

「加圧シャツ」なるものをご存知でしょうか?

 

 

みなさん、こんにちは。

 

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

以前、当院のfacebookで自慢げに加圧シャツを着こみ、絶賛してしまったおしょーブタですが、

 

今は・・・

 

・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・着ていません!

 

 

なぜかといいますと、毎日着こむ中で、我が身体をつぶさに観察し続けていたのですが、

 

ハッキリ言ってこれはよろしくないっ!!・・・かも

 

という結論に行きついたからなのでした。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

腹筋が6パックにならない!

 

とかではなく、(もちろんそれもなきにしもあらずなのですが)

 

異様に身体が冷える!?ことにまず気づいたことが始まりでした。

 

 

 

おしょーブタはもともと冷え症的なタイプではまったくなく、

 

それどころか、つねにポッポと燃えているような、いわゆる暑がりで、

 

仙台の真冬でも、Tシャツ+フリースだけでOK!くらいのレベルで、

 

手足が冷える・・・なんてことは、まあ滅多にあることではなく、それはもう施術に重宝する温かな手をキープしておりました。

 

 

が、しかし!!

 

何か手が冷たい・・・

 

どうしたことだ!?今までなかったことだ!!

 

これでは施術に支障を来す・・・

 

まだ真冬でもないのに、これでは非常に困る!

 

 

で、なぜ今年に限ってこうなってしまったのか!?自分で原因を探り始めました。

 

食生活、睡眠時間、ストレス、体調・・・いろいろ思い返してみましたが、特段問題はありませんでした。

 

 

で、ふと思いついたのが、加圧シャツを着始めた時期です。

 

これが冷えを実感し始めた時期ととても近いことに気づきました。

 

そしてネットで調査・・・

 

 

まず化学繊維の問題がありました。

 

おしょーブタは木綿大好きで、基本化繊は着たくないと思っている人間です。

 

いままで着ていた服も、ほぼ木綿。

 

これが化繊になっていることが一つの大きな変化です。

 

化繊の身体に対する影響というのが、調べるとたくさんでてきました。

 

 

さらに加圧シャツの「加圧」

 

上半身をいままではなかったような微妙な圧迫が常にかかり続ける影響。

 

コレですよ。

 

東洋医学の氣の思想において、人体を流れる氣は、意外と浅いところを通ると考えられています。

 

あくまで個人的な実感ですが、加圧シャツを着ると、正常な氣の流れが阻害されているような気がします。

 

 

まあ、エビデンスがあるわけでなく、個人的なひらめき上の話なのですが、

 

実際、加圧シャツを着ずにしばらく過ごしていたら、たちどころに冷えは解消されてしまいました。

 

 

ここが大事です。

 

脱いだら冷えないのです!

 

こりゃあ、やっぱり犯人は「加圧シャツ」以外ありえない!

 

と、一人ごちております。

 

 

エビデンスのない勝手な結論として、

 

化繊は冷える!

 

加圧も冷える!

 

冷えは万病のもと!

 

だからこれに相当するシャツは身体によくない!

 

直接皮膚に触れる肌着はゆったりとした木綿や絹がいいはず!

 

某ヒー○テッ○も、着心地は温かいだろうが、氣の流れを阻害して、実は身体の中は冷えに向かう。

 

ワタクシは、今後一切、化繊のものやピッチリしたシャツは着ません!

 

 

 

本当にすべて個人的な感想でした!

 

 

おしょーブタ

もう12月そして平成最後の12月!

2018.12.01 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

もう12月ですね。

平成最後の12月になってしまいましたね。

来年はどんな年になるのでしょうか。

来年は「元号」が変わり。

日本で初めてのラグビーワールドカップの開催。

と、来年は日本にとって忘れられない年になることでしょう。

また、大嘗祭のことで秋篠宮さまが宗教色の強いものに政府がお金を出すのはおかしいとおっしゃっていました。

この発言が政治的な発言である。

と、誰かが言っていましたがそれは、違いますね。

大嘗祭は天皇家にとって大切な祭事とも言った上で、国からではなく宮内庁の予算で行うのが良い。と

これは、誰もが思っていたことでしょうが、平成天皇、皇太子のお立場からは言えないことを宮様は言ってくれたのだと思います。

来年は日本の新しい年。

これからの日本はどこに行くのか不安でもあり、楽しみ、希望を「心」において今年の最後の1ヶ月を過ごして行きたいですね。

それでは、また来週・・・!

by 村田

 

 

膝の痛みにもYNSA!

2018.11.29 | Category: YNSA,膝痛,鍼灸

膝の痛みの緩和にもYNSAが手っ取り早く効いたりします!

 

みなさん、こんにちは。

 

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

先日、当院のエース、聖也先生の送別会があり、居酒屋で大いに飲み食いした後、二次会はそのまま宮町鍼灸整骨院内へ。

 

ごくごくマレに行われる院内飲みとなったわけですが、

 

夜中の3時過ぎまでだべって解散。

 

院内をきれいに掃除して、ワタクシおしょーブタと長谷川先生だけ、帰るのも面倒・・・ということで、

 

そのまま院泊まりしました。

 

と、言っても朝の7時までの仮眠といったところで、7時に院を出て、徒歩で自宅まで歩き始めました。

 

毎日のウォーキング&ジョギングをかねて・・・です。

 

距離にしてジャスト6km!

 

テクテクと歩き始めたのはよいのですが、靴が・・・

 

いつものトレーニング用のシューズではありませんでした。

 

それで6km歩いたら、も、もう膝が痛いわけです。

 

もともと交通事故の後遺症で左膝が壊れていて弱いのですが、ちょっと無理をするとテキメンに痛くなる。

 

そしてしばらーーーく痛む日が続きます。

 

 

そこで、YNSAですよ。

 

膝なら、ピンポイントでツボが見つかれば鍼1本で十分。

 

今回は耳の裏付近にあるG点と呼ばれるツボですが、そこに刺してしばらく放置。

 

 

 

・・・そうすると・・・あら、不思議!?

 

膝の痛みが消えていく。

 

脳の方で勝手に膝の痛みを無かったことにしてくれているかの様・・・。

 

 

壊れた膝が修繕されているわけではありません。

 

ただ、痛みのインパルスのリフレインがシャットアウトされています。

 

そのまま、脳が「この痛みは大した根拠の無い痛みなので無視して良し!」と判断してくれれば、そのまま痛みはぶり返さずサヨナラです。

 

 

と、いったかんじで自分にも有効利用しているYNSAなわけです。

 

 

たまに、おしょーブタが仕事中に、

 

頭にアンテナが立っているように、鍼が刺さっていたら・・・

 

それはYNSAの自己治療中だとご理解下さい。

 

 

おしょーブタ 

交通事故の通院例① 過失割合0の場合

2018.11.27 | Category: 交通事故

交通事故に合った際にどのように通院するのが望ましいのか。

 

 

ケースによって違うので何例かご紹介いたします。

 

例1) 

まずは一般的といいますか、多く見られる車対車の交通事故。

その中でも、信号待ちなど停車中に追突されたケース

 

基本的には追突した側が100パーセント悪いことになります。

 

治療費に関しても、全て加害者が支払わなければいけません。

この車にAさんと友人のBさんが乗っていたとします。

仮にみんさん同じ衝撃がかかり、同じ怪我をしたとします。

※本来ありえませんが。。。

 

 

Aさん整形外科と整骨院を併用して通院し、お医者さん・整骨院の先生の指示通り通院がなされたとします。

整形外科医さんは最低限2週に1回以上の通院を勧め、整骨院では3~4回の通院が望ましいと言います。

 

整骨院へは週に3回程度、整形外科に2週に1回ペースで通院し、軽症の場合の目安の3ヶ月で治療を終えたとしましょう。

3ヶ月⇒便宜的に1ヶ月30日として事故から90日で治癒。

通院回数は整骨院に39日、整形外科へ7日。

自賠責基準での慰謝料の計算方法は以下のように算定されるので

通院期間、治癒日数ともいう(90日)×4,200円 or 実通院日数(46日)××4,200円 の小さい額が支払われる。

¥378,000円 < ¥386,400円

 

つまり¥378,000円が通院慰謝料として支払われます。

他に交通費や有給消化・欠勤した場合に休業損害が支払われます。

 

Bさんの場合

忙しさにかまけて整形外科医・整骨院の指示に従えず、2週に1回程度整骨院に通院し、月に1度のみ整形外科に通院したとしましょう。

忙しいのだから通院できずこっちは辛いんだ!被害者だぞ!!と相手保険会社へは一歩も譲らず、6ヶ月通院

整形外科:6日 整骨院:14日 と仮定 通院期間180日

通院期間180日×4,200円 or 実通院日数20日×2×4,200円 の小さい額

756,000円 > 168,000円

ということで、支払われる金額は168,000円になります。

半年も通院したのにです。。。。

 

基本的に手術になるような症状や、明らかな画像所見が診られない場合は基本的に6ヶ月が目安になると言われています。

ここで被害者は症状が残ったのだからその分を補償しろ!!と言っても、基本的には認められません。

そもそも通院数が少ないと、治そうという意志が無い様にとらえられるのです。

本当に辛いなら仕事を休んで、有休を使っても病院へ行くのが通常ではないでしょうか?

そしてもう一つ。

医師も整骨院の先生も、治してあげたくても手を当てられてない以上、症状に対して証明ができない。

Aさんの場合は、もし症状が残ったとなった場合には医師も整骨院の先生も手を尽くしたのに治らなかったと証明できるため、

後に後遺障害の認定のために診断ができるのです。

 

※認定を受けるには様々な諸要件を満たさないと、提出しても審査で却下されます。

その要件の1つに通院頻度があります。

 

Bさんの場合、敏腕弁護士を依頼しても正直どうなることやら。。。

 

適度な通院としっかり医師や整骨院の先生とコミュニケーションをとり、

症状を正確に観ていく必要があるわけです。

 

♯仙台 交通事故 詳しい整骨院

♯仙台市青葉区 交通事故治療 整骨院

♯仙台 宮町 上杉 東照宮 小田原 整骨院

♯仙台 交通事故 保障 整骨院

仙台市 明日はクイーンズ駅伝!

2018.11.24 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

寒くなってきましたね。

朝晩は非常に寒くなってきたので風邪など引かないように暖かくしてお過ごしください。

身体は温めることにより血行がよくなり、慢性的な痛みなどを抑えるのによいでしょう。

また、免疫力も回復してくるので是非、実践してみて下さい。

さあ、明日は、仙台で行われる実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)が行われます。

今日の朝から選手たちは仙台の街を走っていました。

監督選手とも非常に緊張していたようです。

みなさん、応援してください。

優勝争いは、2017年は1位パナソニック、2位ダイハツ、3位JP日本郵政の争いになるのでしょうかね。?

それではまた来週・・・!

by 村田

 

YNSA(山元式新頭針療法)のイイところ

2018.11.23 | Category: YNSA,坐骨神経痛,脳梗塞後遺症,腰痛,自律神経,鍼灸,頭痛

YNSAは、どういうわけか、脳や脊髄といった中枢系のトラブルに強いと思います。

 

従来の鍼灸施術では、比較的難敵と考えられるところです。

 

もちろん、YNSAを使わずとも、中枢系のトラブルに効果を発揮されている鍼灸師の先生方はたくさんおられるかと思います。

 

 

ただ、YNSAは実にシンプル!

 

名人でなくとも、しっかりと診断ができれば、あとは刺すだけ。

 

そこが一番イイところだと思いますが、他にもイイところがたくさんあります。

 

 

 

まずは、針を刺すのは頭だけ!

 

なので、服を脱いだり着替えたりする必要がありません。

 

頭なので、座ったままで、ちょちょいと終わってしまうので、治療時間も圧倒的に短い。(もちろん寝た状態でもできます)

 

ただし、30分ほど置鍼するので、頭に針を刺したまま放置状態になりますが、

 

そこはまあ、有効に活用して、リハビリ的な運動療法を同時進行したり、拘縮緩和のマッサージをしたり、

 

それをおしゃべりしながらやったりします。

 

 

次に、刺す針の本数も少なめで負担があまりかからない。

 

YNSAでは、反応があるからといって、頭のどこもかしこも全部のポイントに刺してしまうと、かえって効果が減弱してしまいます。

 

ここぞ!というポイントを絞って、なるべく少ない本数で効果を出すのがコツ。

 

それで効果があまりなかったら、ポイントを変えたり、少しだけ本数を加えたりと微調整しながら、

 

確実に即効的な変化が現れるポイントを見つけ出し、そこのみに刺します。

 

 

あとは、あまり痛くない。

 

頭に針を刺す!と考えると未経験の方は、とても痛そうだと想像されるかもしれませんが、

 

頭皮の針というのは、意外と痛くありません。

 

手足より痛くない様に思えます。あとは施術者の腕次第・・・というところですが、

 

大抵の方は、いつ刺されたのかわからないくらいかもしれません。

 

しかも前述したように本数も少ないので、もっとも怖くない、痛くない針の一つかなと思います。

 

 

・・・なので未経験者の方も歓迎!安心してチャレンジしてみてください。

 

ちなみに、中枢系疾患や脳梗塞後遺症のことばかり先日より書いておりますが、

 

適応はそれだけでなく、様々な痛みやしびれ、疲労、自律神経由来のトラブル、難聴や耳鳴り、眼精疲労など、要するに脳が関わるものなので、すべての症状に適応していると考えられますが、その中で山元先生が発見し確立されたポイントが示されている疾患に対応できると言えます。

 

ワタクシは、まだまだ勉強中ゆえ、とても「すべてOK!」とは申せませんが、

 

とりあえず、できることをやっておりますので、ご興味のある方は、ご連絡ください。

 

 

おしょーブタ

 

 

#YNSA

#YNSA効果

#YNSA特徴

#YNSA痛くない

YNSA(山元式新頭針療法)も取り入れていまーす!

2018.11.22 | Category: YNSA,きままブログ,脳梗塞後遺症,鍼灸

YNSAという知る人ぞ知る治療法をご存知でしょうか?

 

宮崎県の医師・山元敏勝先生が確立された、世界的にも有名で、TVで特集を組まれたこともある特殊な鍼治療法です。

 

ただしくは「山元式新頭針療法」と言いまして、略して「YNSA]です。

 

鍼治療法と言いましても、従来の東洋医学的な、あるいは西洋医学を軸にした解剖学的な鍼治療とはまったく異なるもので、

 

山元先生が長年の研究と経験から見つけられた主に頭部にある治療ポイントを使って治療する方法です。

 

 

 

「・・・頭に針を刺して、どんな効果があるの!?」

 

という疑問は、実にごもっとも!!

 

かく言うおしょーブタも、習い始めた頃は、半信半疑・・・どころか一信九疑くらいでしたが、

 

その「一」の中に、「本当に効くんだったらスゴイだろうなー」と、並々ならぬ期待を抱いていたことを思い出します。

 

 

で、どうだったのか?と言うと、

 

「期待以上にすごかったー」なのでした。

 

特に自分の従来のやり方では、ちょっと苦手だった分野を補って余りある効果!

 

本当に助かります!

 

 

それはなにかと申しますと・・・

 

脳梗塞後遺症などによる片麻痺を始めとした「脳・脊髄という中枢系の症状」に対して、なにがしかの変化を呼び起こすことができるようになりました。

 

今は、このタイプの症状に対しては、従来の全身の調整を目的とした鍼治療をベースとして、

 

YNSAで頭に針を刺したまま、リハビリ的な運動療法を行います。

 

そうすると、結果が違うんですねー・・・不思議ですねー・・・。

 

 

まだまだ勉強不足ゆえ、「なんでそうなるのっ!?」という問いに対して、

 

うまく説明することができないのですが、

 

頭皮のポイントと、脳が反射的に繋がっていて、そのポイントを針で刺激することによって、

 

脳の機能そのものにアプローチできる!と言っております。(あくまで自分の理解として)

 

決して「効けばいいや」と思っているわけではなく、これからもっともっと学び、研鑽し、

 

しっかりとこの不思議なYNSAをみなさまにわかりやすく提供できるよう努力してまいります!

 

 

ちなみに宮町鍼灸整骨院では、YNSAの受付は要予約ですので、

 

022-268-0855

 

 

miyamachi@kensei-group.jp

 

までご連絡ください。

 

 

 

仙台市青葉区  宮町鍼灸整骨院

おしょーブタ

 

 

#仙台市青葉区 整骨院

#仙台市青葉区 鍼灸院

#仙台市 YNSA

#仙台市 脳梗塞後遺症

#仙台市 片麻痺 

冬の名物 ボッケ汁

2018.11.20 | Category: きままブログ

日曜が休診日になり皆様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんm(_ _)m

 

以前はいつ休んでいるの?といわれることが多く、ほぼいつ来てもいるよね!?

と言われていましたが、交代で休んでいたんですよ!

 

今回は気ままな休日のお話です。

 

18日の日曜は天気もよく釣り日和!

と思い立ち、スタッフ和田は七ヶ浜町の松ヶ浜まで釣りに出かけました!

 

みなさんには考えられないかもしれませんが中学生みたいに、

チャリに釣竿ぶら下げて。

 

仙台駅周辺の自宅から七ヶ浜まで片道16Kmチョイの道のりを爆走してきます。

 

膝の手術を行ってから、運動がおっくうになっていたので少しづつ身体を慣らしていこうとね。

 

今回の釣りで何を狙ったかというと、

アイナメ・メバルに、ちょい投げでハゼがきたらいいなと思って行ったのですが。。。

 

そういえばこいつの時期でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七ヶ浜名物のボッケ(ケムシカジカ)なるグロテスクな見てくれのお魚です。

 

産卵のためにテトラ帯の海面まで出てくるこのお魚をカギでひっかけ捕獲します。

 

 

とても美味しいと言いますが、味わったことが無かった私。

 

 

今回、たまたま多く取れた方に1匹いただきました。

 

そして釣りを続けると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにメバルにハゼにメジナにタナゴにアイナメにカレイにサバと・・・

 

五目釣りどころか10種くらい釣りました!

 

残念だったことはほとんどが手のひらサイズ・・・

 

持ち帰れたのは頂き物のボッケとカレイ。

 

 

釣りをしていると世間は狭いもので患者さんに3人も会いました!!

しかも別々に。

 

 

 

 

患者さんは黒鯛や黒ソイなど多種多彩な魚種を見ることが出来ました。

 

 

ひょんなことから交流でき有意義なお休みでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車対車の交通事故 過失割合はどうなる?

2018.11.19 | Category: きままブログ,交通事故

土曜の出来事。

 

中央線の無い両方向交通の路地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先行車両の自転車(私)

右折しようと後方を確認。

後続車およそ15m後ろ。

 

手信号で右折を表示し、いざ曲がった瞬間!

 

キキィ―――ッと後続車が急ブレーキ。

間一髪向こうが止まったのと、急ブレーキ音にビビり、進路を戻したことにより衝突を回避出来ましたが・・・・

 

かなりのアドレナリン急上昇。

 

自転車がおよそ10km/h位で走っているのに対して、2回後方確認して手信号を行い右折。

ここまでに何秒もないはず。

 

いったい車は何キロ出していた!?

 

手信号出しているのにそこを追い越そうとした車に、理性を失いかけましたが・・・

実際に過失割合はいかほどか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

損害賠償算定基準(通称 赤い本)

の内容を抜粋。

この表のシチュエーションに当てはまるか分りませんが、

 

自転車 20 : 80 相手

 

上記を基準としちょっとした修正がつくのみ。

 

自転車は車に対して交通弱者であるものの、車両に該当します。

 

ゆえに自転車には低い設定ながらも過失割合はしっかり付くんです。

 

他のケースでも、詳しく裁判の記録があり、それを参考にして過失割合は決まります。

 

ケースによって取るべき対応に違いが出るため詳しい人に相談するのが一番!

 

宮町鍼灸整骨院では詳しいスタッフがお怪我の治療だけでなく対応法もしっかりアドバイスいたしますので、交通事故に遭った場合はすぐに当院へご来院ください!!

 

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内