ゴルフによるスポーツ障害の種類とその治療法

この数年、日本国内のゴルフ人気は高まりつつあり、ゴルフに関わる身体のトラブル、スポーツ障害を抱える方が増えてきていると言われています。
ゴルフは激しい動きを伴わないスポーツのため、老若男女を問わず生涯続けることが可能とされていますが、誤ったフォームや無理な力みによってケガや故障を起こす安いという一面もあります。

ゴルフによるスポーツ障害には、脊椎や骨盤といった体幹部の障害(腰痛、頚部痛、肋骨の疲労骨折)と上肢の障害(左手関節痛、弾発指、肘の痛み)などがあり、それぞれ症状が起きる原因やメカニズムが異なります。
そのため、これらのスポーツ障害を適切に治療するには、まずその原因を解明し、適した施術を行うことが重要となります。

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院では、患者様一人一人の痛みや症状を細かに観察・診断し、根本原因を解消する治療方法を選択した上で施術を行っています。
例えば、ゴルフ肘には痛みや炎症の緩和を目的とした、微弱電流、高周波電気治療、AKA、関節包内矯正などを行い、腰痛には歪んだ骨格を矯正する根本治療や筋肉を正常な状態に戻すマッサージ治療、患部を安静固定するテーピング治療を行うなど、症状や原因にあわせた施術を施しています。
また、宮町鍼灸整骨院は仙台市青葉区というアクセス条件の良い立地にあり、お仕事や買い物帰りなどに通院しやすいとご好評いただいております。
さらに、土日祝日も開院していますので、休日のプレーを楽しんだ後のアフターケアなどにも対応が可能です。

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内