Blog記事一覧 > きままブログ,交通事故 > 毎朝の面倒!車の凍りつき!!交通事故を起こさないために。

毎朝の面倒!車の凍りつき!!交通事故を起こさないために。

2014.01.29 | Category: きままブログ,交通事故

みなさん、こんにちは。

お寒うございます。おしょーブタです。

 

 

 

さて、おしょーブタは、毎朝、車で通勤しているのですが、

 

この、冬場での面倒・・・

 

・・・そう、フロントガラスの凍りつきです。

 

 

駐車場に行くと、車全体が真っ白!

 

特にフロントガラスは、真っ白に凍った霜が全面にびっしり!

 

とても、手やタオルなどではどうしようもないです。

 

車用の雪かきワイパーで削るも、

 

これが意外と固い上、きれいには取りきれない・・・。

 

 

 

なので、こりゃあ今朝の寒さからすると間違いなく凍ってるな・・・と思ったら、

 

2ℓペットボトルに、ぬるま湯を持っていって、ジャージャーかけて融かします。

 

 

それでも、特に寒い日は、お湯をかけたそばから、また凍結したりして、

 

まあ、面倒なことこの上なし!

 

 

何回か中途半端にしか霜を取らず、

 

でも時間がなく、やむなく運転したことがありますが、

 

 

これが実に危ない!!!

 

 

中途半端・・・っていうのは、要するに、運転席正面の部分を削っただけ。

 

それだと直進状態のときはそれほど問題ないのですが、

 

曲がるときは超危険です。

 

 

微妙なサイドがほとんど見えず、安全確認できずに、運で曲がるみたいな・・・

 

 

みなさんは、絶対にしないでくださいね!

 

事故のもとです。

 

おしょーブタも、もうしていません。どんなに時間に余裕がなくとも。

 

 

では、安全に寒い朝を乗り切るにはどうしたらいいか?

 

いくつか方法があります。

 

一つは、凍結防止用のフロントガラスカバーをかける。

 

これが、一番安いかな。1,000円くらいで売ってますし、自作でも十分可能。

 

そもそも、霜ってなあに?

 

ということを考えれば簡単なのですが、

 

 

霜って、「降りる」とか「降る」っていう言葉を使いますよね。

 

コレがまさにその通りの話で、

 

霜は、気温の下がったときに、空気中の凍った水蒸気が、

 

文字通り、雪のように降り注いでできるものです。

 

 

つまり上からしんしんと降ってくるわけですね。

 

だから、屋根のある駐車場では、基本ほとんど霜で凍ったりしません。

 

屋根だけで防げちゃうんです。

 

 

逆に風が強い日も、しんしんと凍った水蒸気が降る暇もないのであまり凍りません。

 

 

フロントガラスカバーは、そのまま、

 

上から降ってくる凍った水蒸気を遮断しているだけ。

 

それで大丈夫なんです。

 

 

あとは、前日に凍結防止スプレーをかけるとか、

 

薄めた酢液を塗っておくとかありますけど、

 

 

毎日のことですから、カバーが一番楽なんじゃないかなーと思います。

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、

 

くれぐれも事故には気をつけて安全運転を!

 

 

もし、事故のお怪我でお困りの方は、ぜひ宮町鍼灸整骨院へ!ウッシッシ (顔)

 

 

おしょーブタ

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内