Blog記事一覧 > きままブログ,健康 > 枝豆♪えっだまめー♪

枝豆♪えっだまめー♪

2014.07.28 | Category: きままブログ,健康

おばんですー★ しーちゃんです!

 

 

やっとこさ今日、東北も梅雨明けしましたね!!

 

 

去年は梅雨明け宣言することなく

夏が終わってしまったので

今年も梅雨明け宣言することなく終わるのかと思いましたよー。

 

 

さて、これから本格的な夏に

なっていくわけですが、

 

夏と言えばなんだと思いますか?

 

心霊もの?

 

怖いのでやめときます。

 

 

そう!ビール!

 

といっても、私自体そんなにビールを飲むことがないので

 

今日はビールではなく、

 

大好きな枝豆の話です。

 

 

皆さん、飲みに出掛けたり、家で飲むときに

高確率で出てくる食べ物、

 

それが枝豆ですよね?

 

枝豆を食べたことが無いという方は

ほぼいないはずです。

 

 

さて、枝豆はなぜ飲み会の席でよく出てくるのか?

 

 

おいしいから??

 

確かにおいしいですね。

 

 

でも、それだけじゃないんです。

 

 

枝豆には良いことがいっぱい!!!

 

まず、二日酔いを防いでくれます!!

枝豆に含まれるタンパク質によって、二日酔いの原因である

アセトアルデヒドを分解してくれるという。

 

しかもそのたんぱく質に含まれているメチオニンという物質が

アルコールの分解を助けて肝臓の働きを軽減させる効果もあるんだとか。

 

 

そして、胃腸の働きを助けてくれるので

血液やエネルギーを体に与えて余分な水分を排出してくれるというデトックス効果もあります。

 

 

さらに、カルシウム、鉄分などのミネラルも含みつつ

ビタミンB1やビタミンB2、そして大豆には含まれないビタミンCも豊富なので

栄養価に優れた食べ物と言えるのです。

 

ビタミンCはメラニン色素の沈着を防いでくれるので

シミやそばかすを防ぐ働きもあります。

 

 

大豆にはないコリンという成分は

脂肪代謝を高めてくれる作用で、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。

 

食物繊維が豊富なので腸の調子を整えてくれて、太りにくい体を作ってくれます。

 

 

高血圧の原因であるナトリウム(塩分)の排出を助け利尿作用を促すカリウムも多く含んでいるので

体内の水分量を調節し、むくみの解消にも繋がります。

 

 

 

以上をふまえた上で、今後飲んだ時に枝豆も一緒に食べてみてください。

 

なんだか次の日が違う感じがしてくると思います。

 

私もこの文を書いていたら

枝豆が食べたくなりました。

 

と、いうわけで、枝豆食べてきます。

 

今日はこのへんで。

 

また来週ー!

 

ちなみに枝豆を茹でるなら

水1Lに対して塩約大さじ2杯ぐらいが良いみたいですよー。

 

水を沸騰させて沸騰したら塩を入れ

事前に塩もみした枝豆をそのまま入れて3~5分茹でるという。

 

その後は自然に冷ますか、うちわなどで扇ぎながら冷ますのがいいみたいです!

 

皆さんもお試しあれ!

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内