Blog記事一覧 > 健康,鍼灸 > 虫刺されにお灸!

虫刺されにお灸!

2014.08.27 | Category: 健康,鍼灸

みなさん、こんにちは。

 

おしょーブタです。

 

 

さて、先週おしょーブタが旅先の新潟で、

 

悪魔の虫、ブヨ、に刺されたお話を書きました。

 

 

そして、ついでに蚊などの虫に刺されたときの対処法として、

 

50℃ほどに温めた蒸しタオルや、

 

やはり温めたスプーンの底面を刺された箇所に押し当てる、

 

という方法をご紹介しました。

 

 

50℃ほど、って言ったって、もちろん火傷するほど熱くちゃだめだし、

 

低温火傷するほど、長時間当てるわけでもないですよ。

 

 

ちょっと熱いかな~、と思うけど我慢できるくらいの熱さで、

 

しばらくすると、その熱さも自然に冷めてきてしまう程度の熱さと時間です。

 

そうですねー・・・だいたい3分くらいですかねー。

 

 

とにかく火傷はしないくらいです。

 

 

火傷はしなくても、50℃以上の熱で、

 

蚊などの毒虫の毒は、タンパク毒なので、その活性を失います。

 

すなわち、痒みは消失します。腫れは少し残りますが。

 

 

 

・・・というようなことを書いたのですが、

 

 

 

さてさて・・・肝腎なことを書き忘れていました。

 

宮町鍼灸整骨院は、鍼灸を行っておりますし、なによりワタクシおしょーブタは鍼灸師でございます。

 

 

蒸しタオルやらスプーンなどと言ってるバヤイじゃないじゃああーりませんか!

 

 

鍼灸師たるもの、虫刺されと言ったら、何はさておき、

 

まずは“お灸”でございましょ!

 

 

すっかり忘れてましたわ。

 

 

お灸もいろいろなやり方がございまして、

 

ちょびっと火傷させるくらいのメッチャ熱いものから、ふんわりと熱いもの、果ては火を使わないお灸など、様々ございます。

 

まー、一般的なものといえば、やはり中間くらいの“ふんわり熱い”くらいのお灸でしょうか。

 

 

そういうお灸の到達温度が、ちょうど50℃台くらいなんですよ。

 

 

薬局などにも売っていて、自分でも簡単にできる「せんねん灸」なども、

 

やはり55℃前後の熱さです。

 

 

 

・・・・・と、言うことは、

 

お灸も、虫刺されのときの、毒の無効化に適する!ということです。

 

 

実際、おしょーブタも、やってみましたよ。

 

蚊ではなく、あの最悪なブヨ刺されなんですが、

 

どうなるかなー・・・?と思ってね。

 

 

IMG_1933

 

結果!

 

超効果ありました。

 

 

通常、ブヨに刺されると、蚊とは違って数週間から1ヶ月ほど痒みや痛みに悩まされるのですが、

 

おしょーブタも刺されてから1週間くらいでしたが、まだまだ痒さMAX状態でした。

 

そして、お灸をしてみたら、痒いの痒いの飛んでったーーーーーっ!!

 

 

即効性大有りですよ。

 

そりゃあ、もうびっくりするくらい。

 

 

 

市販の薬がどのくらい即効性あるか知りませんが、

 

お灸の即効性は完璧です!

 

 

いや~、改めてお灸ってすごいですねー!

 

 

ブヨにも効くんですから、蚊なんてちょちょいのちょいですよ!

 

 

 

おしょーブタ

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内