Blog記事一覧 > 健康,冷え症,自律神経,鍼灸,頭痛 > 自律神経の不調には鍼灸がいいですよ!

自律神経の不調には鍼灸がいいですよ!

2017.02.10 | Category: 健康,冷え症,自律神経,鍼灸,頭痛

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

寒い日が続きますね。

 

でも、ここ仙台はましな方なのかな?

 

 

なんか西日本や関東の方が、雪も多いし、えらく荒れた冬になっているようで。

 

 

地軸でも傾いてしまったのか?

 

 

・・・と思わせるくらい、変な冬の空模様です。

 

 

寒さも、逆に暑さも、その人にとって「厳しい」「ツライ」と感じさせるようなときは、

 

 

実はそれだけで、身体にとってはそれなりにストレスになっています。

 

 

 

みなさんは、「ストレス」というと、

 

なにか、精神的なもの・・・たとえば、

 

人間関係とか、仕事や勉強、経済的な不安などだけと勘違いされている方も多いと思いますが、

 

実は、人体にとってのストレスとは、もっと広い範囲で考えられています。

 

 

 

 

ストレスとは・・・

 

その人の身体に変化を催させるものすべてものと言えます。

 

人の身体は、常にある一定の状態に保とうとする働きがあり、これを「ホメオスタシス」と言います。

 

体温、血圧、呼吸、排泄、血液の状態・・・などなどすべてある一定の範囲内でコントロールしていないと

 

生きていくことさえできません。

 

 

この一定な状態を崩そうとする刺激、力をすべてストレスと言います。

 

 

 

そして、この一定な状態を保とうと管理しているのが、自律神経です。

 

 

自律神経は、その人の生命力に応じて、そのコントロールパワーを発揮していますが、

 

その人の生命力(体力や気力)が弱ってくると、自律神経のコントロールパワーが弱まり、

 

ストレスに負けて、一定に保たれていた身体や気持ちを崩されてしまいます。

 

 

 

これがいわゆる、自律神経失調です。

 

 

ですので、自律神経失調症というのは、

 

精神的なストレスだけで起こるものではなく、

 

それ以外のストレスも大いに関係し、

 

その人の生命力を弱らせる何か、たとえば疲労や体の歪みや痛み、栄養状態の不良などがあると、

 

よりリスクが高まります。

 

 

逆にわたしたち治す側から言うと、

 

もし自律神経失調症が、精神的ストレスのみから起こるとなると、

 

そのストレスの原因となっている人間関係などを改善しないことには埒があかないことになってしまうので、

 

まったく手を出す余地がなくなってしまうのですが、

 

 

身体の不調を起源としたストレス、つまり痛みやコリ、歪み、氣血の流れの不調であれば、

 

そこからアプローチすることによって、十分に結果を出す余地が出てきます。

 

 

 

そこで、鍼灸ですよ!

 

 

かなり、良いと思います・・・と言うか絶対にいいです!

 

 

 

この寒さで、体調を崩されてしまったり、

 

睡眠障害、冷え症、胃腸の不調、めまい、頭痛、気力の低下・・・などなど

 

さまざまな症状を起こしうる自律神経の失調を感じられている方は、

 

ぜひ一度、鍼灸をお試しください。

 

 

 

おしょーブタ

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内