Blog記事一覧 > きままブログ > 久方ぶりの分裂膝蓋骨闘病記パートⅡ 

久方ぶりの分裂膝蓋骨闘病記パートⅡ 

2017.08.13 | Category: きままブログ

皆さんこんにちは

 

 

副院長の和田です。

 

 

昨年、途中まで書いていて更新しなかった分裂膝蓋骨の闘病記

 

 

サボっていたというか、進展が無く更新する内容が無くお休みしていたのですが進展があったのでまた再開しようと思います。

 

 

まず、病態としてはⅠ~Ⅴ型まである分裂膝蓋骨のなかで、最も有病率の高いⅢ型の分裂膝蓋骨であった私の膝。

 

成人になってからは全く無症状でサイクリング50キロ走ったり、ボルダリングしたりしても全く無症状だったわけですが、

 

自転車に乗っていた際に交通事故で左折車に巻き込まれ、膝の外側にある骨の欠片が不安定になり、

 

しばらく経っても膝に水が溜まる状況が改善しないため手術を行い、骨を骨折状態にしてくっつけてしまおう!!

 

というチャレンジを昨年の同時期に行いました。

下の画像はオペを受ける前のMRI画像

(右膝で外側に欠片があるⅢ型の欠片が二つある亜型)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白く映っている部分が隙間が空いて不安定になった部分です。

 

 

これを以下の通りにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構な改造を施す内容だったのですが、無事に終わりくっつくことを願っていたのですが・・・・

 

ちなみに術後は以下の通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでよかったのですがね・・・・

 

 

術後6カ月経ってもくっつかず、さらに残念なことにそれから数カ月。

 

欠片の方が身体に吸収されて委縮し始めてしまいました。

 

このままだとボルト(ピン)は悪さをするようになってしまうということで、

 

欠片を摘出する方にシフトチェンジ。

 

この8月14日に再手術となりました。。。

 

1回目の手術を受ける際に、くっつかないケースも十分可能性はあるけど、いかんせん欠片のサイズも大きく、

 

関節面のことを考えると残してあげた方がいいということで骨整形・接合術にしたんですがね・・・・

 

なんで退化してしまったのワタクシの膝は。。。。

 

 

術後の経過をまたチョコチョコ書いていきます!

 

同じようなことで悩んでいる方がいれば、参考になる様に。

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内