Blog記事一覧 > きままブログ > 交通事故に合ったとき。過失割合の判定は?

交通事故に合ったとき。過失割合の判定は?

2018.02.22 | Category: きままブログ

以前も交通事故証明書を取り寄せましょう!とお話しましたが、今回はその中でもさらにどの点を見ていくのかというのを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のものをよく見ると、甲:氏名・・・・・ 乙:氏名・・・・・・

となっていますね。

 

一般的に甲は加害者側もしくは過失の高い方、乙は被害者側または過失割合が低いと思われる方の氏名が記載されています。

 

 

状況によって違う可能性もありますが、特に重要なのはお互い様な事故や、自転車搭乗時など、自分の側に立ってくれる保険会社がいない時に過失割合が、相手の都合の良い様に算定される可能性があるということです。

 

 

 

一応、今までの交通事故の判例(裁判によって決着した例)をもとに

似たようなケースを見つけて相手側保険会社は提示してくると思いますが、あくまで加害者の口実をもとにしています。

 

 

これを覆すor正確な状況を割り出すには公的機関の発行する証拠・資料を見る必要があります。

 

実際のには交通事故の

①見分状況書

②交通事故現場見取図

 

の2つで状況を確認しないと正確なことは言えません。

 

俗にいう「実況見分調書」です。

 

 

保険会社がこの内容を理解して過失割合を算定しているとは限りません。

 

実際に私が自分で手続きをした交通事故の時も(1回目)

過去の判例のかいた紙が1枚同封され送られて来て、加害者の申し出ではこのケースに近いと思われますので、過失割合は1:9ですと言われ、私自身もそういうものなのかと思いサインしました。

 

しかし、現実には修正要綱といって、その場に適した修正が加えられ正確な過失割合が確定するのです。 

 

 

では、これはどのようにしたら見られるのかというと・・・・

 

流れとしては非常に面倒くさいのですが、以下に手続きを紹介します。

 

①警察署へ問い合わせ

 

まずは交通事故証明書に記載してある「事故照会番号」の欄に

担当した警察署が記載してあります。

この交通課へ

「交通事故の実況見分調書を写したいので」

「加害者の「送致日」「送検先検察庁」「送致番号」を知りたい」と伝えます。

 

②送致先検察庁へ掲示記録の謄写(実況見分調書の写し)をしたい旨を連絡します。

 

 

手続き上、この流れで写しを(コピーしに)裁判所または検察庁へ出向くことになる訳です。

 

直接行かないと見れないと言うのは厄介です。

弁護士に依頼を行えばおのずと手続きをしてくれますが、

まだ依頼をするかどうかを決めかねている場合には自分で取りに行く必要があります。

 

 

次回は実際に取り寄せた見取図を基に紹介いたします。

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内