Blog記事一覧 > 柔道整復,野球 > 投球障害について

投球障害について

2018.09.12 | Category: 柔道整復,野球

こんばんわ!

宮町鍼灸整骨院 小池です。

 

今日は肩に起こる投球障害についてお話します(^^)

皆さんはインナーマッスルという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

詳しくは回旋筋腱板(ローテーターカフ)と言います。

 

大きな筋肉ではありませんが、肩の機能保持にとても重要な役割を持ち、また鍛えることによって

野球でいうスローイングに良い効果をもたらします!!

通常、投球と言うものは、ただ単に腕を上から下におろしてボールを投げるものではなく、肩に回旋(ひねり)

を加えながら投げます。回旋を加えることにより上手くボールを投げられるようになります!

そして、この回旋の動きをする筋肉が回旋筋腱板というものになります!

 

しかし、この部分を怪我することによって肩の機能に影響が出てしまい痛みが発症することがあります。

投球の際に、肩より肘が下がっているなど、フォームがずれてしっまている場合は怪我が起きやすくなるので

スマホの動画機能などを使ってフォームをチェックしてみてください!

肩が90度以上上がっているゼロポジションの形が理想です!

 

万が一、プレーしてる最中に肩に違和感を覚えた、痛みがでて投げれない等の症状が出た場合、

すぐに整骨院に来院し治療を受けてみてください!

お待ちしております(^O^)

 

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内