Blog記事一覧 > きままブログ > 知ってるようでホントは知らない!PMS②

知ってるようでホントは知らない!PMS②

2021.09.16 | Category: きままブログ

多くの女性を悩ませるPMSの原因、一体何なのでしょう。

PMSの三大原因として①甲状腺機能低下 ②カンジタ感染 ③ストレス が挙げられます。

今回は、①甲状腺機能低下についてお話します。

甲状腺は、喉ぼとけの下にある臓器で、ホルモン分泌をしています。

甲状腺ホルモンは、代謝の亢進、発育促進、精神機能刺激、他のホルモンの作用に相加的・相乗的な影響を与える、という働きがあります。

甲状腺ホルモンが出すぎると、脈が早くなる、代謝が上がるため痩せてしまう、

逆に甲状腺ホルモンが少ないと、脈は遅くなり、代謝が低くなり水分をため込みやすい、

などの症状が現れます。

甲状腺ホルモンが出すぎてしまうと「バセドウ病」、少なすぎると「橋本病」という病名が付きます。

甲状腺ホルモンが多いときは活発な状態、少ないときはおとなしい状態とイメージしてもらうとわかりやすいかな?

PMSに関係するのは、正常よりも甲状腺ホルモンの数値が低いが、病名が付くほど異常な数値ではない状態です。

PMSを自覚している人の、なんと9割は関連があるといわれています。

甲状腺の機能が低下すると、

ひどい腹痛や生理痛、生理不順、過少・過多月経、不正出血、手足の冷え、多汗・のぼせ、気力の減退などの症状が現れます。

産後は甲状腺機能が低下しやすいです。

当てはまる方、気になる方は、一度病院で検査してもらうのもよいでしょう。

おうちでも、チェックできる方法があります。

最近、毎日体温を測っていますね?

36.3℃以下が、10日間続いていると要注意!!!!!

甲状腺機能低下の可能性あり!!!

熱ある、熱ない、程度にしか気にしていない方も多いと思いますが、気にして観察してみてくださいね♪

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内