ホーム > Blog記事一覧 > 浮腫みの記事一覧

坐骨神経痛・・・ふやける椎間板!?

2018.07.11 | Category: 坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,浮腫み

みなさん、こんにちは。

 

 

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

今日は坐骨神経痛のお話。

 

 

坐骨神経痛を患う方で、朝がいちばんつらい・・・

 

と、おっしゃる方が結構おります。

 

夜、ゆっくり休んで、いちばん元気なはずの朝になぜ!?と思われるかもしれませんね。

 

寝方が悪いのかな?

 

布団が悪いのかな?

 

・・・なんて悩む方が多いのですが、そうではありません。

 

 

この、朝いちばん症状が強くなってしまうパターンの原因の一つに、

 

 

椎間板

 

 

の問題があります。 

 

・・・そう、「椎間板ヘルニア」とかで聞いたことがある方も多いはず、その「椎間板です」

 

椎間板は、背骨1コ1コの間にある、クッションのようなものです。

 

2層構造の円板上のもので、外側が線維輪と呼ばれる軟骨組織でできていて、その中にゼリー状の髄核があります。

 

ぜんぜん違いますが、なんとなく「カントリーマァム」のようなかんじです。クッキーの部分が線維輪、中のチョコクリームが髄核みたいな・・・。

 

その中身である髄核が、外側の線維輪を破って、外に飛び出てしまったのが、「椎間板ヘルニア」です。

 

これは、坐骨神経痛の主要な原因のひとつですが、

 

髄核が飛び出ずとも、椎間板がひしゃげて形が変わって出っ張ってきたりしても、坐骨神経痛の原因になるときがあります。

 

「ヘルニア予備軍」とか「プチヘルニア」とでもいいましょうか・・・

 

「椎間板症」というのが正しいですかね。

 

 

そういう方は、朝もっとも不調である、と言う方が多いようです。

 

 

なぜでしょう・・・?

 

 

これは、夜、寝ている間に、椎間板が周囲の水分を吸収して、通常より体積が増えてしまうところに原因があります。

 

ちょうど、乾いたスポンジが水を吸収して膨れるようなことが、椎間板でも起こる訳です。

 

寝ている体勢は、すなわち背骨と椎間板が重力から解放されている状態です。

 

起きている時は、縦に圧縮されているような状態ですが、横になっているとその圧縮から解放されて減圧に進みます。

 

その際に、周囲の水分を吸収してしまいます。

 

そして朝、起きた時は、水分をたっぷり含んでふやけて大きくなった椎間板が、神経を圧迫したり、炎症箇所を刺激したりします。

 

これが朝調子の悪い所以です。

 

 

でも、朝、最悪に調子悪くても、頑張って起きて活動していると・・・

 

“まし”になってきます。

 

椎間板が、再び重力による縦の圧縮を受けて、押しつぶされ、

 

ちょうどスポンジをしぼったかのように、含まれた水分が押し出され、平常時の椎間板の体積に戻るからです。

 

いわゆる、動いているうちに落ち着いてくる、というやつです。

 

 

こういうパターンの坐骨神経痛の方には、

 

宮町鍼灸整骨院では、通常の坐骨神経痛治療にプラスして、

 

お灸!

 

をします。 

 

お灸は、余計なむくみや水分をどかすのにとても効果があるのです。

 

 

こんな悩みをお持ちの方、どうぞお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

おしょーブタ

 

 

#坐骨神経痛 鍼灸治療

#椎間板ヘルニア 鍼灸

#お灸

 

五月病から浮腫みへの連続コンボにご注意!

2018.05.03 | Category: 健康,浮腫み,自律神経

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

GW後半に突入です!でも東日本はあいにくの空模様で・・・ここ仙台も朝から雨降りです。

 

 

 

 

さて、もうしばらくすると・・・おそらく毎日今日のようなお天気が続く・・・

 

 

・・・そう…・・・・梅雨になりますね。

 

 

 

 

恵みの雨ですし、ゆったりと雨の風情を楽しむ余裕でもあればいいのですが、

 

 

たいていは精神的にも肉体的にも鬱屈としやすいもの。

 

 

 

 

特に、この5月の時点で体調を崩したりしてしまうと・・・

 

当然、梅雨時にも調子が上がらず、そのまま夏に突入し、一気にバテて大きく体を壊す・・・といった最悪の流れに陥りかねません。

 

 

 

 

・・・と、い・う・こ・と・は・・・・・

 

今の体調管理がとても大切です!

 

 

でも、5月と言えば、「五月病」の名前があるように、

 

 

環境の変化による自律神経バランスの崩れや精神的疲労からくる、独特な症状になりがちです。

 

 

これを完全にコントロールするのは、原因がストレスなだけに中々に難しいものです。

 

 

宮町鍼灸整骨院では、五月病も含めた自律神経調整治療も行っていますが、

 

 

さらに、その次・・・梅雨時の体調管理が勝負だ!と考えています。

 

 

5月の自律神経バランスの崩れをそこそこに抑えながら、

 

 

梅雨時の体内の水分の貯留や停滞を解消する!

 

 

つまり浮腫まないように管理することが、元気に夏を迎えるポイントだと思っています。

 

 

 

自律神経バランスがイマイチでも、放っておくとどんよりドロドロ詰まって溜まって流れなくなる体の氣や水分を、とにかく流して流して流しまくる。

 

常に清く澄んだ氣と水が体内をさらさらと心地よく駆け巡るようにする。

 

 

 

・・・コレです!

 

 

梅雨時につまずかない、そのための浮腫みの治療を宮町鍼灸整骨院ではオススメします!

 

 

 

おしょーブタ  

夏はむくみやすいです!

2017.07.21 | Category: 健康,冷え症,浮腫み,自律神経,解毒・デトックス,鍼灸

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

今日は、むくみのお話。

 

 

 

夏はむくみやすいですよーーー!

 

 

気をつけてねーーーーー!

 

 

 

 

なぜでしょう?

 

 

実は、夏にむくみやすい原因は、いっぱい考えられます。

 

 

・・・だから、多くの人が、いろいろな原因でそれぞれむくむのですがね。

 

 

 

今日は、その中のいくつかをご紹介します。

 

 

 

①単純な水分の摂り過ぎ

 

 

②逆に塩分の摂り過ぎ

 

 

③エアコンなどによる夏場ならではの冷え

 

 

④疲労

 

 

 

これら原因による体液バランスの崩れと自律神経バランスの崩れで、

 

腎機能や肝機能に影響が生じて、むくみが発生します。

 

 

①と②は分かりやすいし、予防もしやすいのですが、

 

③と④が問題ですねぇー。

 

 

 

③と④は、自分の意志に関わりなく、苛まれてしまうことが多々あるでしょう。

 

 

 

もし、①と②は原因として思い当たらないのにむくんでいる、という方は③と④を疑ってみてください。

 

 

そして、宮町鍼灸整骨院では、この③と④の原因のむくみの治療を行っています。

 

 

つまり、夏場冷え症の改善治療と、疲労回復治療ですね。

 

 

どちらも自律神経調節が必須です。

 

 

自律神経がうまく働くようになれば、あとはご自身の力でどんどん良くなっていきます。

 

 

 

 

最近、なんか足がむくんでいるなぁ・・・とか、

 

 

朝っぱらから体中が重くて、なんか腫れぼったい・・・なんて方は、

 

 

是非一度ご来院下さい!

 

 

 

 

おしょーブタ

 

☆リンパを流すっていうけれど…☆

2016.08.04 | Category: きままブログ,健康,浮腫み,美容

こんにちはー!

最近、
娘に「母も女の子♪」っていうと
「お母さんは女の人!」と怒られてしまう・・・
そんなむっちゃんです((+_+))

さて、
「リンパマッサージ」や「リンパの流れをよくする」という言葉をよく耳にしませんか?
でもリンパとはそもそも何者なんでしょうか?
みなさんはわかりますか?

リンパには冷え症や血行障害、免疫改善といった重要な役割があります!
でも、滞りやすいという特徴も。
今回はリンパについてご紹介します!

 

リンパとはひらめき

⑴血液の中の血漿の一部が血管の外に染み出し、リンパ管に回収され、これがリンパ液になります。

⑵リンパ管は身体の内臓・皮膚といったところに網目状に広がっています。その管の中をリンパ液は流れています。

⑶役割

  • 老廃物の回収と排泄
  • 細菌の退治
  • ウイルスなどへの抗体を作る
  • 異物や細菌を血管に入れない

⑷リンパ管の通り道に800箇所ほどの「リンパ節」と呼ばれる卵型の節があります。リンパ管の集まったこの節は、リンパ液に含まれる細菌や異物を除去する役割を持っています。

⑸血液との違いは、血液は心臓をポンプとし全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって自発的に流れています。なので運動不足になると、どうしてもリンパが滞りがちになるのです。

⑹滞ることによっての影響

  • むくみ
  • 老廃物が排出されないため免疫の低下
  • 疲労
  • 肩こり           etc……

 さまざまな悪影響が・・・

 

今日はココまで!!

次回、原因・解消法を書きますね!

ではまたー!

『 湿を取り除くツボ 1 』

2016.07.20 | Category: 冷え症,浮腫み,鍼灸

こんにちは!聖闘士星矢です!

 

平年ではそろそろ梅雨明けする時期ですが、予報ではこの重たい天気がもう少し続くそうです。

 

ということで、予告通り『湿』に対するツボ押しを簡単にお伝え致します!

 

■ 東洋医学における湿の捉え方

 

東洋医学では、湿気による邪気のことを「湿邪」といい、湿には重濁性・粘帯性・下注性という性質があります。

 

つまり、下半身の症状が強く出やすく血液などの体内の水分の流れを停滞させてしまうということです。

 

この時期に浮腫みがひどくなったり、膝などの関節が痛くなるのは、湿邪が体内に侵入してしまっているせいなんですね。

 

また湿は脾胃を犯しやすいといわれます。湿は水分代謝を悪くするので、下痢になったり尿が減ってしまったりと消吸収能にまで影響してしまいます。

 

湿は陰性の邪気ですが、同じ陰性の邪気に「寒邪」があります。

 

陰性の邪気同士で体内に侵入しやすいという特徴があるため、冷房ガンガンの部屋に長時間居たり、冷たい飲食物をたくさん摂取することで、湿が溜まりやすくなってしまいます。

 

「冷え」と「浮腫み」は関係が深いので、大体冷えがある人は浮腫みを気にしますし、浮腫みが気になる人は冷えがあります。

 

なので根本的な部分を治せば、どちらも治ることが多いみたいですね!

 

このことを踏まえて、湿に効くツボ押しをやってみましょう!

 

ツボ押しは気持ちの良い程度で30秒~1分くらいでいいでしょう。

 

ツボ押しに加えて、薬局に売ってるせんねん灸を使ったセルフケアもできるといいですね!

 

■ 水分代謝を良くする代表的なツボ

  1. 三陰交 
  2. 豊 隆 
  3. 足三里
  4. 陰陵泉
  5. 湧 泉
  6. 太 谿

 

文章だけだと伝わりにくいので、絵を用意して次回ツボの取り方と性質のお話しをしたいと思いますー。

 

ではまた来週―!さようなら!

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内