ホーム > Blog記事一覧 > 頭痛の記事一覧

YNSA(山元式新頭針療法)のイイところ

2018.11.23 | Category: YNSA,坐骨神経痛,脳梗塞後遺症,腰痛,自律神経,鍼灸,頭痛

YNSAは、どういうわけか、脳や脊髄といった中枢系のトラブルに強いと思います。

 

従来の鍼灸施術では、比較的難敵と考えられるところです。

 

もちろん、YNSAを使わずとも、中枢系のトラブルに効果を発揮されている鍼灸師の先生方はたくさんおられるかと思います。

 

 

ただ、YNSAは実にシンプル!

 

名人でなくとも、しっかりと診断ができれば、あとは刺すだけ。

 

そこが一番イイところだと思いますが、他にもイイところがたくさんあります。

 

 

 

まずは、針を刺すのは頭だけ!

 

なので、服を脱いだり着替えたりする必要がありません。

 

頭なので、座ったままで、ちょちょいと終わってしまうので、治療時間も圧倒的に短い。(もちろん寝た状態でもできます)

 

ただし、30分ほど置鍼するので、頭に針を刺したまま放置状態になりますが、

 

そこはまあ、有効に活用して、リハビリ的な運動療法を同時進行したり、拘縮緩和のマッサージをしたり、

 

それをおしゃべりしながらやったりします。

 

 

次に、刺す針の本数も少なめで負担があまりかからない。

 

YNSAでは、反応があるからといって、頭のどこもかしこも全部のポイントに刺してしまうと、かえって効果が減弱してしまいます。

 

ここぞ!というポイントを絞って、なるべく少ない本数で効果を出すのがコツ。

 

それで効果があまりなかったら、ポイントを変えたり、少しだけ本数を加えたりと微調整しながら、

 

確実に即効的な変化が現れるポイントを見つけ出し、そこのみに刺します。

 

 

あとは、あまり痛くない。

 

頭に針を刺す!と考えると未経験の方は、とても痛そうだと想像されるかもしれませんが、

 

頭皮の針というのは、意外と痛くありません。

 

手足より痛くない様に思えます。あとは施術者の腕次第・・・というところですが、

 

大抵の方は、いつ刺されたのかわからないくらいかもしれません。

 

しかも前述したように本数も少ないので、もっとも怖くない、痛くない針の一つかなと思います。

 

 

・・・なので未経験者の方も歓迎!安心してチャレンジしてみてください。

 

ちなみに、中枢系疾患や脳梗塞後遺症のことばかり先日より書いておりますが、

 

適応はそれだけでなく、様々な痛みやしびれ、疲労、自律神経由来のトラブル、難聴や耳鳴り、眼精疲労など、要するに脳が関わるものなので、すべての症状に適応していると考えられますが、その中で山元先生が発見し確立されたポイントが示されている疾患に対応できると言えます。

 

ワタクシは、まだまだ勉強中ゆえ、とても「すべてOK!」とは申せませんが、

 

とりあえず、できることをやっておりますので、ご興味のある方は、ご連絡ください。

 

 

おしょーブタ

 

 

#YNSA

#YNSA効果

#YNSA特徴

#YNSA痛くない

意外に多い梅雨時の頭痛

2017.07.13 | Category: 健康,自律神経,鍼灸,頭痛

みなさん、こんにちは。

 

院長のおしょーブタです。

 

 

九州、名古屋、その他の地域でも“梅雨”の一言では片づけられない未曾有の豪雨で大変な被害が出ております。

 

ここ仙台では、まだあのような大雨に見舞われてはおりませんが、今の日本、どこであっても安心できる場所がないほど、異常気象や地震などの自然災害の予測がつきづらくなっていますので、まったく他人事ではなく、常に気を引き締めておかなければならないように思います。

 

 

 

さて、“梅雨”といえば・・・

 

この時期に、宮町鍼灸整骨院にも、

 

頭痛

 

を訴えられて来院される患者様が多くいます。

 

 

明らかに他の時期より多いです。

 

 

 

なぜでしょうか・・・?

 

 

 

これには2タイプあります。

 

 

一つは、気候の変化、特に気圧の変化により引き起こされる頭痛です。

 

梅雨時は、梅雨前線が行ったり来たり・・・で気圧も上がったり下がったりで、

 

特に、気圧が急落するケースが多いことが特徴です。

 

“気圧が下がる”というと、何か下に落ちていくようなイメージが湧きがちですが、実際は上昇気流が発生しているのですから、空気が上に上がっている状態です。

 

つまり、気圧が下がる=大気の圧力が減っている=地上の空気の量も減っている

 

ということになりますので、私たちが呼吸する空気・・・すなわちその中の酸素の量が微妙に減っています。

 

それは息苦しさを感じるレベルではないのですが、血液中の酸素濃度には影響する場合もあります。

 

体内で最も酸素を必要として、最も酸素を消費しているのは「脳」なのですが、

 

血液中の酸素濃度が少ないと体内センサーが判断すると、自動的により多くの血液を流し込んで必要量を賄おうとして、血圧が上がったり血管が拡張したりします。

 

さらに気圧が低いと、身体に対する大気の圧力も減ることになるので、身体全体の血管や神経も膨張傾向に働き、これも血管の拡張、神経の過敏を引き起こします。

 

 

血管には神経が張り巡らされており、急激な血管拡張は神経を強く刺激してしまい、特に血管の影響を受けやすい脳が、血管性の頭痛・・・いわゆる片頭痛を起こすことになるわけです。

 

この時期に頭痛を起こしやすい人は、以上の理由から、気候や気圧の変化の影響を受けやすく、またその変化に弱い人です。

 

逆に変化に強い人は、頭痛を起こすことはあまりありません。

 

 

 

この違いは何か!?

 

 

 

・・・これはやっぱり自律神経の状態ということが一つ言えます。

 

自律神経のバランス・リズムが良ければ、環境の変化に対しても弾力性と耐性が発揮されて、崩されることが少ないです。

 

逆に自律神経が乱れていると、もろに環境の変化に影響されて、さらに自律神経が狂い、身体や精神にその影響が現れてしまいます。

 

 

あと一つ、この時期から、そろそろガンガンにエアコンを入れ始める時期で、その室内外の温度変化によっても自律神経は影響を受けてしまいますので、弱い人はまさに弱り目に祟り目ということになります。

 

 

宮町鍼灸整骨院では、この時期特有の自律神経の乱れを整える、鍼灸治療を行っております。

 

頭痛にもよく効きます!

 

 

おしょーブタ

自律神経の不調には鍼灸がいいですよ!

2017.02.10 | Category: 健康,冷え症,自律神経,鍼灸,頭痛

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

寒い日が続きますね。

 

でも、ここ仙台はましな方なのかな?

 

 

なんか西日本や関東の方が、雪も多いし、えらく荒れた冬になっているようで。

 

 

地軸でも傾いてしまったのか?

 

 

・・・と思わせるくらい、変な冬の空模様です。

 

 

寒さも、逆に暑さも、その人にとって「厳しい」「ツライ」と感じさせるようなときは、

 

 

実はそれだけで、身体にとってはそれなりにストレスになっています。

 

 

 

みなさんは、「ストレス」というと、

 

なにか、精神的なもの・・・たとえば、

 

人間関係とか、仕事や勉強、経済的な不安などだけと勘違いされている方も多いと思いますが、

 

実は、人体にとってのストレスとは、もっと広い範囲で考えられています。

 

 

 

 

ストレスとは・・・

 

その人の身体に変化を催させるものすべてものと言えます。

 

人の身体は、常にある一定の状態に保とうとする働きがあり、これを「ホメオスタシス」と言います。

 

体温、血圧、呼吸、排泄、血液の状態・・・などなどすべてある一定の範囲内でコントロールしていないと

 

生きていくことさえできません。

 

 

この一定な状態を崩そうとする刺激、力をすべてストレスと言います。

 

 

 

そして、この一定な状態を保とうと管理しているのが、自律神経です。

 

 

自律神経は、その人の生命力に応じて、そのコントロールパワーを発揮していますが、

 

その人の生命力(体力や気力)が弱ってくると、自律神経のコントロールパワーが弱まり、

 

ストレスに負けて、一定に保たれていた身体や気持ちを崩されてしまいます。

 

 

 

これがいわゆる、自律神経失調です。

 

 

ですので、自律神経失調症というのは、

 

精神的なストレスだけで起こるものではなく、

 

それ以外のストレスも大いに関係し、

 

その人の生命力を弱らせる何か、たとえば疲労や体の歪みや痛み、栄養状態の不良などがあると、

 

よりリスクが高まります。

 

 

逆にわたしたち治す側から言うと、

 

もし自律神経失調症が、精神的ストレスのみから起こるとなると、

 

そのストレスの原因となっている人間関係などを改善しないことには埒があかないことになってしまうので、

 

まったく手を出す余地がなくなってしまうのですが、

 

 

身体の不調を起源としたストレス、つまり痛みやコリ、歪み、氣血の流れの不調であれば、

 

そこからアプローチすることによって、十分に結果を出す余地が出てきます。

 

 

 

そこで、鍼灸ですよ!

 

 

かなり、良いと思います・・・と言うか絶対にいいです!

 

 

 

この寒さで、体調を崩されてしまったり、

 

睡眠障害、冷え症、胃腸の不調、めまい、頭痛、気力の低下・・・などなど

 

さまざまな症状を起こしうる自律神経の失調を感じられている方は、

 

ぜひ一度、鍼灸をお試しください。

 

 

 

おしょーブタ

 

頭痛の勉強会に行ってきました!

2017.01.23 | Category: 健康,頭痛

みなさん、こんにちは。

 

おしょーブタです。

 

 

 

昨日、臨床実技研究会主催のオープンセミナー、

 

『頭痛の鑑別と鍼灸治療について』

 

を受講させていただきました!

 

 

講師は鳥海鍼灸院 院長・慶應義塾大学医学部神経内科非常勤講師・その他肩書き諸々の

 

鳥海春樹先生です。

 

 

 

まーーー、非常に熱のこもった、そしてメチャメチャ楽しいセミナーでしたねー。

 

頭痛の治療もさることながら、実際にあの慶應義塾大学にて、

 

鍼灸医学の基礎研究と、教育と、ご自身の鍼灸院における臨床と、

 

正に八面六臂の活躍をされている先生の、

 

鍼灸の未来・・・基礎研究と臨床研究の連携により、鍼灸のEBMとしての熟度の向上、というご高説は、

 

本当に素晴らしいもので、僕もあと20歳若ければ、死に物狂いで勉強して、

 

同じような世界を切り拓いてみたかったですね。

 

 

 

もちろん、頭痛の治療に関しても、自分の視点とは違ったアプローチで、

 

でも、今の自分のやり方にも十分に応用できそうで、

 

早速、修練して、頭痛もちの皆様に早く提供できれば!と燃えております。

 

 

今回は、同僚スタッフも3人参加して、うちのグループだけで4人も受講しました。

 

当たりのセミナーに参加できてラッキーなこと、この上なし!

 

 

 

日々、進化し続ける宮町鍼灸整骨院です!

 

 

おしょーブタ

 

 

今年は少ないケド・・・

2016.08.16 | Category: 健康,鍼灸,頭痛

こんにちはー!

明日の台風に少しだけワクワクしている、ちゃんしーです猫2台風

 

どうやら明日の台風7号はCHANTHU(チャンスー)という名前らしいですふらふらあせあせ (飛び散る汗)

名前がカブりましたね((+_+))手 (パー)

 

なんだか悪天候で体調を崩している方もいるのではないでしょうか?

 

私もなんだかダルいような・・・もうやだ〜 (悲しい顔)バッド (下向き矢印)

 

 

さて、なんで体調が悪くなるのかというと、

 

晴れ天気の良い日は、『高気圧』の状態で、交感神経も優位に働いているので、

なんだか調子も良いし、空気中には酸素も多い状態なので、

身体の中がすっきりしているような感じで、元気な方が多いのですが、

 

 

台風天気の悪い日は、『低気圧』になってしまい、副交感神経が優位に働いてしまい、

空気中の酸素も少ないく、血管も拡張して、

身体がだるい、一日中眠いし、身体が重い感じがして、

只でさえやる気がないー (長音記号1)って感じになりやすいのに、

同時に交感神経を興奮させる物質であるヒスタミンが多くなってしまい、

同時に働かないはずの神経が両方刺激されて、自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れると、

頭痛が起きやすくなったり、気が滅入る感じがしたり、やる気になれなかったりと・・・・

悪いことだらけがまん顔double exclamationdouble exclamation

 

 

そんな時は、ゆっくりお風呂に入ったり、軽い運動をして汗をかいたりすることで、

リラックスして、崩れた自律神経のバランスを直してくれますが、

それも出来ない!!!

ケドツラいのが続くのを何とかしたい!!という方は、

 

『ツボ』を押してみてください。

 

宮町鍼灸整骨院では、身体の中まで温熱するお灸をした方が良いのですが、

中々忙しくて来れない泣き顔バッド (下向き矢印)

という方は、とりあえずこのツボを押してください。

 

 

①陽池(ようち)

howto-re0902_no1-03img0302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②足臨泣(あしりんきゅう)

1dc9b0b6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③百会(ひゃくえ)

health04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してください。下痢にはなりませんよほっとした顔手 (パー)

 

 

是非、試してみてください~ウィンク指でOKぴかぴか (新しい)

 

 

頭痛の患者様が多い!!

2016.07.29 | Category: 健康,鍼灸,頭痛

みなさん、こんにちは。

 

 

おしょー院長です。

 

 

 

 

最近の宮町鍼灸整骨院では、

 

 

頭痛の患者様がとてもたくさんいらっしゃいます。

 

 

それも、よくある肩や首のコリから派生する、

 

いわゆる緊張型頭痛と呼ばれるようなタイプではなく、

 

片頭痛や、神経痛、いろいろな病院を回ったけど原因もわからずお困りの頭痛・・・

 

一見、ちょっと厄介そうな頭痛の方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

なんで?かはよくわかりませんが、

 

とにかく、毎日誰かしらは、この厄介そうな頭痛を訴えてきます。

 

 

以前の記事でも書きましたが、

 

まず、この季節は、体の水分代謝の調節がうまく行かず、

 

体に水分が貯留しやすい上、

 

梅雨で低気圧が居座ってたりすると、気圧差の関係で、

 

体内の水分がより膨張しようとしますので、

 

水分含有の多い脳では、その影響を受けやすく、頭痛も起こりがちになります。

 

明らかにその影響を被ったと思われる患者様が、やっぱり押し寄せて来るようですね。

 

 

 

さて、宮町鍼灸整骨院では、

 

このような頭痛の患者様に対して、

 

鍼灸と、

 

クラニアルという、頭蓋骨を調整して、脳と脊髄を包むようにして循環している脳脊髄液をコントロールする技術で、

 

頭痛治療にあたっています。

 

このタイプの頭痛は、揉んだり電気をかけても、あまりよくなりません。

 

いや、かえって悪化することの方が多いかも!?

 

どうぞお気をつけください。

 

 

 

 

自律神経の調整や、氣の流れの調整で、たいてい良くなりますよ。

 

 

原因不明の頭痛にお困りの方は、

 

是非一度、宮町鍼灸整骨院へ!

 

 

あ、一応、大事な頭の問題ですので、

 

一度病院に行って検査することをオススメしておきます。

 

それで、「異常なし」と言われ、困っている方こそ、当院へGO!

 

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内