ホーム > Blog記事一覧 > 骨盤調整の記事一覧

運動会の季節到来!!

2018.09.27 | Category: きままブログ,健康,腰痛,骨盤調整

こんにちはー

久々の投稿ばーおです手 (パー)

 

先日、私のママ友からこんな相談を受けました耳ぴかぴか (新しい)

いまさっき、腰を・・・

軽いぎっくりみたいになったばかり・・・だと

どうしたらいいがまん顔あせあせ (飛び散る汗)

 

相談を受けた場所は、治療できないそんな場所。。。

 

悩みました。

明らかに仙腸関節によるもの。

骨盤のズレがあったら治したい・・・

でもここではできない。

 

とりあえず、対処法をしっかり教えましたdouble exclamation

 

 

 

自宅に帰宅後、アイス枕で患部を

アイシング!!

 

たまたま腰バンドを持っていた方なので、

腰バンド・即装着!!

 

お風呂禁止double exclamation

シャワーのみで!!

 

寝る前もアイシング!!

 

寝る時は湿布貼る!!

 

 

 

結果、翌日にはウソだったかのように症状が改善したそうですダッシュ (走り出すさま)

このくらいで治ってよかったーーーうれしい顔

 

 

 

運動会の季節、保護者も綱引き・リレー等参加する方はご無理なさらずに

頑張って子供に勇姿を見せて下さいねウィンクムード

 

もし、少しでも身体が悲鳴をあげていたら早めの対処が大事ですdouble exclamation

 

 

 

では、わたくしも今週末記録係として運動会頑張りまーすパンチ

 

 

 

仙腸関節の問題から発生する腰痛

2018.08.21 | Category: 坐骨神経痛,産後骨盤矯正,腰痛,鍼灸,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

これは「治療院あるある」なのですが、

 

例えば、膝の痛みですが、通常は内側を痛める人が圧倒的に多いのですが、

 

ある日、珍しく膝の外側が痛い!という患者様がいらっしゃったとします。

 

そうすると、なぜか立て続けに外側の膝が痛い!という別の患者様が何人もいらっしゃると言った不思議。

 

まったくの偶然なのですが、まさにブームのように同じような症状の方がいらっしゃる。

 

 

いま、宮町鍼灸整骨院では、このパターンとして、

 

仙腸関節に問題を抱えた腰痛の患者様が、なぜか毎日増え続けています。

 

なぜでしょう?

 

変な座り方で高校野球の金足農業でも応援してたとか・・・(笑)

 

ま、そんなことはないでしょうが、なぜか同じタイプの腰痛の方が連続していらっしゃいます。

 

仙腸関節とは、この辺りのコト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この関節の部分そのものが痛い方もいれば、その外側のお尻の部分や、股関節、腰骨の下の方など、痛い場所は多少バリエーションは有りますが、原因を探るとみんな仙腸関節由来の方が、最近多いです。

 

まさにブーム!です。

 

 

ここを痛める原因としては、仙腸関節に外力が加わって、軟骨性の関節部に負荷がかかり関節障害が発生してしまうケースと、

 

仙腸関節の前傾や回旋が強制されたり、持続的な負荷を加えられることにより、靭帯に牽引力がかかり関節障害が発生してしまうケースなどがあります。

 

いま多いのは後者の方です。

 

仙腸関節は、たくさんの強靭な靭帯で固定されているのですが、その靭帯の異常なテンションにより発生すると思われる異常なインパルスにより、仙骨部を中心とした様々な場所に症状を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

こんないっぱい靭帯!靭帯だらけ!!

 

宮町鍼灸整骨院では、このタイプの腰痛には

 

骨盤調整・・・仙腸関節の調整ですね。を行い、さらに、

靭帯の調整、これらに関わる筋肉の調整を行い、揉んだりすることなく施術を行います。

 

これで大抵の痛みはかなり軽減します。

 

それでも痛みが残る様であれば、そこで鍼をオススメしています。

 

最終兵器!

 

仙腸関節の痛みのコントロールは鍼が得意とするところです。

 

いまのところ、5人に1人くらいが、鍼投入といったところですかね。

 

そこまでしなくても、ほぼ大丈夫ですけどね。

 

 

仙腸関節由来の痛みは、動き出しの時などに「キンッ!」と痛みが走ることが多く、

 

このまま行ったらとても危ない感じ、ヤバい感じがするものです。

 

 

 

そんな症状でお悩みの方は、いつでもいらっしゃってください。

 

 

ちなみに、あるブームが始まると、私どもは、その症状に関してだけ飛躍的に知識・技術が向上し、治療成績がUPします。

 

そりゃそうですよね、同じようなパターンを何度も繰り返しやらせてもらえるのですから・・・(まさに練習!?)

 

 

 

もう練習期間は終わり十分習熟しておりますので、どうぞご安心を。

 

 

 

おしょーブタ

 

 

 

#腰痛に強い整骨院

#ぎっくり腰 整骨院

#仙腸関節

#骨盤調整

 

 

それって本当に坐骨神経痛!?

2018.05.11 | Category: 坐骨神経痛,腰痛,鍼灸,陰部神経痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

そういえば、最近「坐骨神経痛なんですが・・・」といって来院される方が多いんです。

 

 

どこでそう言われたのか?

 

 

もちろん、確定診断はお医者様しか下せないものなので、本来はおしなべて整形外科等の病院で言われたものなのかもしれません。いえ、そうでなければならないはずなのですが、「別の整骨院で」とか「整体の先生に」とか、あるいは「知り合いに」なんてのもあります。

 

 

で、宮町鍼灸整骨院で、問診や徒手検査を経て診てみると、けっこうそうでないものも多いんです。

(いや、もちろんウチも確定診断出せるわけではないですよ)

 

 

でも、施術の方針を定めるには、できるだけ診断に近い想定をしなければなりません。

 

 

そもそも、「坐骨神経痛」というのは、病名ではなく症状名です。

 

 

なにが違うのかというと、「頭痛」とか「腹痛」と一緒で、

 

頭が痛い! → 頭痛 ・・・これは症状名で病名ではありません。

 

なぜ、どうして、頭が痛いのか?それを調べたら、「髄膜炎」だった、とか「片頭痛」だった、とか、これらが病名になります。

 

 

「坐骨神経痛」も坐骨神経に沿った場所が痛い、というだけの症状名で、ではなぜ痛いのか?その原因を見極めて、

 

例えば、「腰椎椎間板ヘルニア」とか「脊柱管狭窄症」などがあったら、それが病名になるわけです。

 

 

そんなかんじで、宮町鍼灸整骨院では、「坐骨神経痛なんです」と言って来られた患者様には、

 

 

丁寧な、問診、検査を行い、「ヘルニアではないかな?」「脊柱管狭窄症ではないかな?」など

 

その他もろもろ、原因を探してとっかかるのですが、

 

意外と坐骨神経痛ではない方が多いです。

 

 

今日も「坐骨神経痛」を訴えて来られた患者様がおりましたが、

 

 

調べてみると、どうやら小殿筋のトラブルでした。

 

小殿筋のトリガーポイントが活性化してしまうと、大腿部に痛みが放散することがあります。

 

 

そういう時は、坐骨神経痛の施術ではなく、小殿筋を中心としたツボ(トリガーポイント)に鍼治療をするだけで、かなりの改善が見込めます。

 

 

それにプラスして、小殿筋がなぜおかしくなったか?その原因に遡って股関節や骨盤(仙腸関節)などを調べて、問題があればそこも施術します。

 

まだまだいろいろと診るべきところはあるのでしょうが、たいていこのくらいで症状の改善は可能です。本当に突き詰めていくときりのない奥深い世界ですが、なるべく短時間で良くしたいものです。

 

 

個人的には、典型的な「THE 坐骨神経痛!」みたいな施術の方が好きなので、そういう方にこそ是非ご来院いただきたいものですがね。

 

 

おしょーブタも椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛経験者ですが、神経痛は通常の炎症性の痛みとは全く別次元の痛みです。

 

なので、その患者様のお顔を拝見し、その表情、苦しみの深さをお見受けするだけで、だいたい予測がつくんですけどね。

 

 

 

おしょーブタ

 

 

 

#坐骨神経痛 鍼灸治療 仙台市

#交通事故治療 整骨院 仙台市青葉区

#土日診療 仙台市青葉区

#骨盤矯正 仙台市青葉区

 

 

あと3㎏の壁・・・

2018.05.10 | Category: きままブログ,産後骨盤矯正,骨盤調整

こんにちはーるんるん (音符)

 

 

ママ達をキラキラ笑顔にサポートしたいばーおですわーい (嬉しい顔)

 

 

先日、育休中の廣瀬(加藤)先生がGW期間中に遊びにBabyを連れて遊びに来てくれましたわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

まだまだフニャフニャの柔らかくぬくい3ヶ月児に、目尻が下がりヨダレが・・・・笑っあせあせ (飛び散る汗)

決して!おいしそうーーーと思ってませんよ!!!

抱っこさせていただき、声を発し一生懸命お話に混ざりたいのかアピールしている姿に癒されましたー

あかちゃんはずっーーーと見てても飽きないですねー揺れるハート

 

 

さて、最近意識高いママさんが増えているのか・・・

もしくは、スコッーシずつですが産後骨盤ケアの大切が浸透してきているのか・・・

ケアに来ていただける方が増えておりますdouble exclamationぴかぴか (新しい)

お昼頃までおりません私ですが、今週だけで3組の方が来院しております。

以前は月に1組いるかいないかだったのに・・・exclamation and question

 

 

出産は十人十色。

皆さんの体験談聞いていて、楽しいです耳ムード

そして、なぜか冒頭お話した廣瀬先生含め私も産後ぶつかるラスト3㎏の壁・・・バッド (下向き矢印)

なぜかみんな3㎏・・・あせあせ (飛び散る汗)

 

 

私自身、3㎏の壁にぶつかり自力で一度は落としましたパンチ

しかし現在、戻ってしまいました・・・3㎏。。。

 

 

で、思ったのですdouble exclamation

わたし・・・産後ベルトはしていたけれど産後骨盤ケアしていない。骨盤閉めてもらってない。恥骨結合閉まりきってなーーーいdouble exclamation

そりゃ、体重落ちてもズボン入らないわけだーーーダッシュ (走り出すさま)

あれから5年。さすがに5年経過は難しいです・・・よね・・・人影たらーっ (汗)

 

 

そんな経験を皆さんにはしてほしくなく、私の後悔談も赤裸々に話しながら治療しています。

骨盤をしめる事は大切。でも、自宅で簡単にできるエクササイズも併用することがもっと大切。

三日坊主の私が推奨する簡単な方法!!

さらばぽっこりお腹ぁーーーーdouble exclamation

妊娠前の体型をとり戻す!・・・産後骨盤矯正

2018.03.13 | Category: きままブログ,産後骨盤矯正,美容,腰痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは!

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

今年から産休に入っていた、当院スタッフの廣瀬静香(旧姓:加藤)が、

 

4日前(3月9日)、無事女の子を出産いたしましたーーーうれしい顔

 

おーめーでーとーうーーーるんるん (音符)

 

名前は・・・「穂祈」と書いて、「みのり」ちゃんだそうです。ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

 

 

 

・・・と内輪の祝い事はこれくらいにして、

 

産後ってやっぱり体型くずれますよね。残念ながら。

 

だって子宮の容積ひとつとったって、平時の20倍くらいに大きくなるわけですから、

 

それを囲っている骨盤は、ガバッと開いちゃうし、

 

さらにその周りのお腹やお尻も言わずもがな・・・。かなり厳しい状況になっていることでしょう。 

 

うちの廣瀬さん(旧姓:加藤)はどうだか知りませんが、

 

宮町鍼灸整骨院では、産後骨盤矯正にも対応しています。

 

 

産後骨盤矯正といっても、産後女性のニーズは様々・・・。

 

でも、大きく分けて2パターン考えられます。

 

一つは、産後、腰痛や尾てい骨、恥骨のあたりが痛くて困っている・・・いわゆる痛みをまずどうにかしてほしい、というタイプ。

 

これもたいてい骨盤の歪みが関わっていることが多いので、骨盤矯正をプラスした腰痛治療を要します。

 

 

 

二つめは、産後、体型が変わったまま元に戻らない、プロポーションが崩れた、体重が元に戻らない・・・といった、女性にとってはなかなかに深刻な事態にお悩みのタイプ。

 

どちらかというと、こちらが産後骨盤矯正を求めてやってこられる女性に多いニーズではないかと思います。

 

あるいは、痛みもあって困ってるし、体型も元に戻らなくて困ってるし・・・という複合型が一番多いかもしれません。

 

 

ですから、よく話も聴かずに、ただ骨盤の歪みを整えて、痛みを改善させてあげても、それでは満足してもらえない可能性が高いです。

 

 

宮町鍼灸整骨院では、まず最初によくお話をお聞きし、ゴールをしっかりと設定し、それをお互い認識してから施術します。

 

 

 

 

・・・で、特に体型の矯正には自信があります。

 

妊娠前の体型・・・どころかそれ以上に!・・・

 

まあ、もちろん限度はありますが、しっかりと骨盤の歪みを矯正し、さらに締めて、キュッとさせていきます。

 

 

 

 

宮町鍼灸整骨院では、キッズスペースも用意してございますし、

 

ベッド2つ分占有して、赤ちゃんと添い寝状態での施術もできます。

 

みんな、子供好きなので、赤ちゃんが多少泣こうがわめこうが、まあ気にしません。

 

 

そんなわけで、興味あったら、お待ちしております!

 

 

 

おしょーブタ 

尾骨打撲、多発中!ご注意を・・・

2018.02.20 | Category: 坐骨神経痛,捻挫,柔道整復,腰痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

 

今日は「尾骨打撲」のお話。

 

 

 

 

ここんところ、仙台もちょくちょく雪が降り、まだ道のあちこちが凍っておりますが、

 

がっつり凍っているときは、みなさん細心の注意を払っているせいか、むしろ転ぶ人が少なくて・・・、

 

昨日、今日あたり・・・みなさん気が緩み始めて油断しているのか、逆に転ぶ人が増えています。

 

 

 

 

そんな中で、強烈に尻餅をついた!といって駆け込んでくる患者様が、次から次へと!

 

 

 

診察してみると、みなさん、もれなく「尾骨打撲」でした。

 

 

いわゆる「しっぽ」の骨ですね。

 

 

これが、実はたいそう痛い!

 

 

僕も経験ありますが、脳天にまで電気が突き抜け、目から火花がほとばしるような、激烈な痛みです。

 

 

たぶん、同じ尻餅でも、「坐骨」という座った時に椅子に当たる部分が打撲した場合は、そんなに大騒ぎはしません。

 

 

ところが、この真ん中の尾骨にジャストミートしてしまうと、まあ痛いのなんの・・・。

 

 

しばらくは、動くのも痛い、トイレでいきむのも痛い、

 

そして・・・

 

自分の指で尾骨のあたりをおそるおそる触っていくと、

 

ピンポイントで電撃様の痛みが出る場所ができあがります。

 

 

これが、つらい!

 

 

しかも痛みはなかなか良くならず、長引く!

 

 

早くて2週間。

 

 

長いと2ヶ月位、触ると電撃!

 

 

みなさん、不安になって整形外科に駆け込んでレントゲンなど撮るんだけど、

 

「打撲」の一言で、痛み止めとシップを出されて終わり。

 

(まれに尾骨の脱臼骨折や骨折のこともありますが)

 

 

通常は、忘れるころに、痛みも消えているパターンが多いですが、

 

 

 

宮町鍼灸整骨院では、もっと積極的に痛みを取る治療を行っています。

 

鍼や超音波を使った独自の方法ですが、

 

 

これがけっこう効きます!

 

 

もし、転んでしこたま尾骨を痛打して苦しんでいる方は、

 

一度、宮町鍼灸整骨院へ! 

 

 

 

おしょーブタ

r 

側弯症にメラトニン!?

2018.01.23 | Category: 健康,側弯症,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

思春期あたりに原因もよくわからず発症する特発性側弯症の発生メカニズムの仮説として、

 

 

 

「メラトニンの欠乏」というのがあるのをご存知でしょうか?

 

 

メラトニンは、脳の松果体という器官で合成・分泌されるホルモンです。

 

 

メラニンじゃないですよ、メ・ラ・ト・ニ・ンです。

 

 

 

このホルモンの名前を耳にしたことがある方は多いと思います。

 

 

 

一番有名なのは、生体の生物時計に働きかけ、睡眠と覚醒が交互に現れる概日リズム(サーカディアンリズム)を調節する働きがあることですね。

 

 

海外旅行に行って、時差ボケが起きてしまったときに、このメラトニンを服用することで、ずれてしまった朝・晩のリズムを調整したりしますよね。

 

 

そのほか、老化防止や免疫力増加などの働きもあるそうです。

 

 

 

・・・そんなメラトニンが、特発性側弯症に効く!?

 

 

ホ、ホントでしょうか!?

 

 

 

残念ながら、これはまだ仮説のお話。でもすでに治験は行われていて効果は認められているそうです。

 

 

 

動物実験でも、ヒヨコの松果体を摘出すると、100%側弯症を発症してしまうそうですが、そのヒヨコにメラトニンを投与すると、側弯の進行が止まるそうです。

 

でもマウスだとそうはならない!

 

これは二足歩行と四足歩行の背骨にかかる負荷の違いからでしょうかね?

 

 

背骨にメラトニンの受容体(レセプター)があり、成長に大きくかかわっているのだそう。

 

 

思春期あたりは、激しい成長期ゆえにいろいろバランスを崩しがち。

一時的にメラトニンの合成あるいは代謝障害が起こってしまうことも可能性として十分考えられます。

 

実際、年間10°以上の進行が見られた側弯症のグループでは夜間血中メラトニン量が35%減少していたデータもあります。

 

その結果、側弯症が発症する・・・。

 

 

あるかもしれません! 

 

 

早急な研究の結果が待ち遠しいところですね。

 

 

 

 

おしょー

 

産後骨盤矯正

2017.11.10 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤調整

みなさん、こんにちは。
 
 
宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーです。
 
 
 
 
 
今日は産後骨盤矯正のお話です。
 
 
産後骨盤矯正の目的は、大きく分けて2つあります。
 
 
 
 
1つは、産後から、あるいは妊娠中から、腰の痛みが取れなくて困っている方が、
腰痛をどうにかしてほしい!というパターン。
 
 
もう1つは、産後から、しばらく経つけど、プロポーションが戻らない。
つまり下腹部や骨盤が広がったようなかんじのままで、昔のズボンやスカートが着られない。
ヒップの形も広がって平たくなってしまってカッコ悪いからどうにかしてほしい!というパターン。
 
 
 
 
でも、たいてい両方の悩みを抱えて来院される方がほとんどですけどね。
 
 
 
宮町鍼灸整骨院の産後骨盤矯正の施術はおよそ30分(問診・カウンセリング時間は除く)
 
 
料金は¥3,000(税込)となっています。
 
 
 
 
腰痛や仙骨(びてい骨)、恥骨の痛みを取るのは、そもそも得意なのですが、
 
 
 
 
 
実は、プロポーションの回復にも自信があります。
 
 
 
 
先日もある方の施術をしたのですが、
 
 
骨盤周りで-5cm!
 
 
ウエストに至っては、-9cm!
 
 
 
とびっくり!!
 
 
たった1回の施術でですよー!
 
 
 
施術した僕の方が、びっくり!メジャーで測った時、「あれ!?1cm増えてしまっている!やばい!!」
と思っていたけど、よく見たら、目盛り10cm間違えてました。
例えば、施術前75cm・・・施術後76cm!!やばい・・・と、思ったら66cmだった・・・スゲェ!
 
というかんじだったんですよ。
 
 
 
 
 
いやーーー夢ひろがりますなー!
 
 
 
 
 
おしょー

今年もぎっくり腰警報!・・・ですね。

2017.10.20 | Category: 健康,腰痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーです。

今年は・・・・

今年の仙台の季節の移り変わりは・・・

6月・・・今年はカラ梅雨かなぁ?全然雨降んないし、夏みたく暑いし。

7月・・・ありゃ、ろくに梅雨らしい雨続きもなく、梅雨明け宣言出ちゃったよ。これから一気に暑くなるかな?

8月・・・あれれ?なんか梅雨に逆戻りしちゃったかのような、毎日雨ばっか。ぜんぜん夏らしくないし。

9月・・・夏ってもう終わったの?残暑もないし。って言ってる間に結構寒くなってきたし。

10月・・・あれ!?秋ってあった??秋晴れ見てないしー。なんかもうかなり寒いし、冬っぽくなってるし。

・・・・といった流れで、季節感がもうめちゃくちゃ。

そして、この寒さ・・・。

案の定、ぎっくり腰の患者様が怒涛のように増えております。

みなさん、特に大した動作をしたわけでなく、日常の何気ない、ささいなことで、

「グキッ!!」

とやってしまわれているようで、

実にお気の毒なのですが、

これはもう、気温の変化に体が、自律神経が、ついていけてない感じですね。

堅く固まってしまっている筋肉や関節まわりの組織、

それがいともたやすくひび割れる様な・・・

そう・・・

みなさん、そろそろお肌や、特にくちびるなどが乾燥して、ひび割れたりしているかもしれませんが、

まさに体の中の筋肉もそんな感じで、がさついてばりばりになっているかのようです。

そんな状態で、不用意に動いてしまうと・・・

「グキッ!!」

と、いってしまうのです。

みなさん、特に寒い朝などは、

お布団の中で、少しモゾモゾと体を動かしほぐしてからスタートしましょう!

起き上がる時も、ゆっくりと慎重に!

洗顔時も、無理に前かがみにならないように、足を大きく開いて前かがみの角度を緩くしたり!

そして、そもそも睡眠不足や水分不足、栄養不良などありますと、余計にトラブルが起きやすくなってしまいますので、

なるべく規則正しく、たっぷりと睡眠時間をとってお過ごしください。

それでも

「グキッ!!」

とやってしまったら、

宮町鍼灸整骨院へお越しくださいね!

おしょー

陰部神経痛は宮町鍼灸整骨院へ!

2017.08.01 | Category: 健康,坐骨神経痛,腰痛,鍼灸,陰部神経痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

今日は陰部神経痛のお話です。

 

 

 

先日、こんな患者様が来院されました。

 

 

腰が痛い!

 

でもそれがメインではない・・・。

 

 

実は・・・肛門が痛いんです・・・。

 

 

この患者様、いろんな医療機関を巡る、いわゆるドクターショッピング状態の方でした。

 

 

最初は、「痔だな!」と思ったそうで肛門科の門を叩き、

 

でも、「うちの範囲の問題ではない」とのことで、次は皮膚科へ。

 

皮膚科でも「異常はないので、うちの及ぶところではない」と言われ、

 

さらに、内科を巡り、最後に外科へ行ったときに、「坐骨神経痛」と言われたそうです。

 

 

そして、通例の如く痛み止めとシップを処方され、

 

それでも改善が見られなかったので、近所のマッサージへ3年も通われていたそうです。

 

 

 

それは、その場ではなんとなくほぐされて楽になったような気がしていたのですが、

 

結局、痛みの元は残ったままで改善は見られなかったそうです。

 

 

当院に来院され、問診、検査によって、やはり神経痛様の症状がメインであることがわかり、

 

それは外科様の意見と同じなのですが、坐骨神経の支配領域的に肛門は含まれないので、

 

陰部神経痛と判断しました。

 

 

 

恐らく外科様も当然わっかてのことで、ただ一般には「坐骨神経」というのはメジャーで、

 

多くの方がご存知かと思うのですが、「陰部神経」なんて聞いたことがないマイナー神経ですので、

 

便宜的に「坐骨神経痛」と患者様に説明したのだと思います。

 

 

 

問題は、その陰部神経痛の原因なのですが、

 

 

この患者様、前立腺肥大もあり、こちらの神経圧迫も考えられますが、

 

一応、以前の前立腺方面の検査の時に、神経痛を起こすような状況にない、とのことで、

 

これは除外・・・(といっても、なんとなく怪しい気はしていますが)

 

 

で、臀部を中心に施術。

 

特に仙結節靭帯付近を中心にアプローチ。

 

これは手技だけだと少し厳しいところもあるので、

 

神経痛治療の鍼を行いました。

 

 

結果、その場ではきれいに症状消失状況にまで持ってこれました。

 

もちろん、これは神経閾値のコントロールと患部血流改善によるものですので、

 

おそらく、また症状は再発するものと予測しており、

 

それを患者様に説明した上で、継続のオススメをしました。

 

 

さてどのように変化していくか?

 

たぶん、いいかんじになってくると思いますが、

 

 

前立腺肥大の状況もお聞きしながら経過を見守っていきたいと思います。

 

 

 

おしょーブタ

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内