ホーム > Blog記事一覧 > 骨盤調整の記事一覧

コルセットやサポーターの着けっぱなしって!?

2017.07.07 | Category: 健康,捻挫,腰痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院・院長のおしょーブタです。

 

 

今日は、腰や膝のトラブル時に装着するコルセット&サポーターについて、

 

患者様からとてもよくいただく疑問についてお答えしたいと思います。

 

 

 

それは・・・

 

 

腰なり、膝なり、痛めてしまって、当院にいらして、

 

治療後、固定させて安静状態を少しでも高めたいときに、

 

コルセットやサポーターをご購入いただいたりするのですが、

 

その際、

 

「コレって、ずーっと着けっぱなしにしてていいんですか?」

 

とかなんとか・・・ひじょーによくいただく質問です。

 

 

 

これに対し、当院では、

 

「大丈夫ですよ。痛い時はしっかり固定してください」

 

「ただし、寝るときと、お風呂に入るとき(当たり前!)は、はずしていいですからね」

 

と説明し、腰のコルセットのときは、さらに、

 

「食事のときもお腹を圧迫し過ぎてしまうことが多いので、痛み少なく座れるときは、

コルセットを外すか、緩めるかしてもいいですからね」

 

と言っています。

 

 

そう説明しても、

 

「えっ、でも、ずーっと着けっぱなしだと、筋肉が弱っちゃって、かえって悪いって聞いたことあるんだけど・・・」

 

なんて返されたりします。

 

 

しかし、この考え方は、少し間違っています。

 

一見、コルセットに頼ってしまうせいで、筋肉を使わず楽させてしまうので弱っていくように思えるかもしれませんが、そもそも筋力の低下は、コルセットに頼る分程度では、そう簡単に落ちません。

 

もちろん、厳密に言えば、動かす量が減れば、筋力は徐々に低下しますが、コルセットをしたからといって、完全に体を固定し動くことができない、という状態を作り出すことはできません。

 

 

簡単に言うと、次の2つの状態を較べて、どちらが筋力が落ちるか?を考えてみてください。

 

①コルセットをしない→痛いし不安定で動かせない→なるべく安静にして寝た状態でいる

 

②コルセットをする→安定感が生まれ痛みも軽くなる→少しは動ける→それなりに動いて生活する

 

 

どうでしょう?

 

どちらが筋力低下すると思いますか?

 

 

①ですよね。

 

 

そうです!

 

コルセットをするメリットは、固定安定させるだけでなく、

 

それによって、少しでも動けるようにサポートすることなのです。

 

“動く”といっても、もちろんいろんなケースがあります。

 

極力安静にしたほうがいいほど重篤な腰痛の場合は、コルセット云々の場合ではありませんよね。

 

そういうときは、なるべく寝ててください。

 

どうしても動かなければならないときのみ、装着しましょう。

 

 

そうではなく、動けないほどでない、とか、痛くて動きたくないけど、仕事などで、どうしても動かざるを得ない場合などは・・・

 

がっちり装着しましょう。特に動いて活動するときはずっと装着しっぱなしでいいんです。

 

また、治りかけている時でも、少し強く体を動かしそうな時も、遠慮せず装着です。

 

再負傷や悪化の予防になります。

 

 

コルセット・サポーターの一流メーカーのダイヤ工業さんのパンフレットではこんな風に説明されています。

 

『筋力低下は身体を動かした時に生じるトラブルが気にかかり、

運動量を減少するために起こるといわれています。

サポーターを着けることによって動くことへの不安をなくし

運動量を落としにくくします。

 

2008年の論文では以下の研究結果が発表されています。

健康な29人の中からコルセット装着者を20人、コルセット非装着者を9人ランダムに振り分けました。実験期間は3週間で、実験開始時と3週間後の体幹の屈曲・伸展の筋力がどう変化するかを測定しました。

結果は、実験開始時と3週間後にどちらの群も筋力に差が無いというものでした。この研究結果から、健康な人が3週間コルセットを着けても筋力が低下しないということが発表されています。』

 

 

・・・ということです。

 

 

宮町鍼灸整骨院では、このダイヤ工業さんをはじめとする、選りすぐりのコルセット・サポーターを

 

常時取り揃えております。(売り切れの時もありますが)

 

 

正直、その辺で市販されているものとはレベルが違います!

 

圧倒的に効果です。

 

 

腰痛、膝痛の折、ご用命があればいつでもどうぞ!

 

 

おしょーブタ

院内報出来ましたー!

2016.07.12 | Category: お知らせ,きままブログ,美容,骨盤調整

どうも!ちゃんしーです´ω`)ノ晴れ

 

 

ここ数日の暑さで、聴覚がやられているのか

ある先生と新患の患者さんとの会話が

 

先生「最近、セミはとれてますかー?」

患者「最近は中々とれてなくて・・・。」

 

って聞こえてきて、

あー、最近暑いからねぇ。そりゃ蝉の1匹や2匹・・・

 

って思ってたら「すいみん」の間違いでした。

暑いのは私の頭の中だったようです。

 

 

 

さて、そんな話はさておき、

 

やっと、

 

やっっっっっとdouble exclamationdouble exclamation

 

院内報第4号が出来上がりましたわーい (嬉しい顔)double exclamation

 

お家の方に届いている方もいると思いますが、

是非、手にとって読んでみて下さいウッシッシ (顔)メモ

 

 

そして、院内報に併せて

今月からイベントカレンダーなるものが出来ましたうれしい顔NEW

 

もう終わってしまいましたが、鍼の日だったり、灸の日は、

300円から500円程度で鍼や灸が出来ちゃうというふらふらexclamation

 

経営が心配になる値段ですが、

日頃から皆様にご利用いただいているので、感謝を込めて低額で行いますdouble exclamation

さすがに難しい鍼になってしまうときは、要相談ですが・・・冷や汗 (顔)あせあせ (飛び散る汗)

 

こちらも是非、お試しくださいexclamation

 

 

そして毎週水曜日は美カフェの試飲を実施しています!

ずっと気になっていたけど・・・

って方は、一度試しに飲んでみてはいかがでしょうかわーい (嬉しい顔)バー (マティーニ)

 

お食事中の方には申し訳ないのですが、

美カフェとベジオンのケールを飲むと結構調子が良くて手 (チョキ)

 

スタッフ皆が飲んで、皆が「コレは良い!」

と言ったほどのもので、

 

私も習慣のように飲んでいたら

最近少しだけ見た目がスッキリしてきたような・・・?

 

もっと頑張らなくては!

 

 

ちなみにオススメは

美カフェのみらいの酵素大匙1とちょーぐると大匙1とケール小さじ1か2ぐらいを

200から300mlぐらいの水で薄めて飲む!

 

または、ケールは癖が強いので、コーンポタージュに小さじ2ぐらい入れると

ベジタブルスープになって美味しいですほっとした顔ぴかぴか (新しい)

 

最近家でささみばかり食べているので、

ささみと一緒にケール入りコーンポタージュを飲んで、

 

さらに痩せようと思いますウィンクグッド (上向き矢印)

 

 

ダイエット中の皆様も一緒に頑張りましょう~るんるん (音符)

 

 

大分話がずれましたが、院内報を是非お手にとって読んでくださいねー猫2double exclamation

今回は骨盤調整について書いてありますよ~ウッシッシ (顔)

産後の骨盤も「矯正」ではなく「調整」です!

2016.07.02 | Category: 健康,美容,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

おしょー院長です。

昨日の続き、骨盤調整についてです。

宮町鍼灸整骨院では、

「骨盤矯正」ではなく、「骨盤調整」です!と書きましたが、

流行りの産後骨盤矯正も、宮町鍼灸整骨院では

産後骨盤調整です。

理由は、昨日のブログで申し上げた通りなのですが、

重ねて申しますと、

産後の骨盤の歪み(ゆがみ)・・・

これはよくあることです。

では、その歪み(ゆがみ)は“悪”か!?というと・・・

宮町鍼灸整骨院では、そうは考えません。

出産の際の骨盤へのストレス・・・これは当たり前ですよね。

まったく骨盤が開くことも歪むこともなく、妊娠・出産できる方はこの世におりません。

大きくなっていくお腹の負担・・・これをなんとか耐えに耐え、

うまく負担を逃がしながら、体を壊すことなく出産まで漕ぎ着けねばならないわけです。

そのためには、普通とは違う支え方をしなければならないのですが、

これがまず歪み(ゆがみ)の元として形成されていきます。

そして、出産。
普通分娩、帝王切開、いろいろありますが、どちらにせよ通常ではありえない急激な変化が生じる瞬間です。

当然、必要な歪み(ゆがみ)は生じます。

それにより、より合理的で安全な分娩が可能となるのですから。

でも、その歪み(ゆがみ)は、決して“悪”ではありません。

必要に応じて生じた「適応反応」・・・つまりそれが現状でのベストな形として作られたわけです。

ですから、その歪んだプロセスを逆に辿っていくように推測しながら、骨盤を調整していけばいいのですが、

実はそう簡単な話ではありません。

産後の骨盤の歪み(ゆがみ)は、負担が増え始めてから、一定期間経過することになるので、

その間に、歪みに応じた筋肉バランスの変化、靭帯や関節のテンションの変化、さらには脂肪などの付き方の変化など、骨盤の歪みだけでなく、そこから生じる様々な変化が同時に起こっています。

それをひとつひとつ調整して、ようやく完成です。

出産⇒骨盤歪んだ⇒真っ直ぐに矯正・・・という単純なものではないんですね。

そうそう!あとよくあるのが、出産後に分娩台から降りる瞬間の、その一歩!!

その降り方によって、その後の歪み(ゆがみ)のレベルやしつこさがだいぶ変わってきます。

いきなり、ガバッと降りたりするとかなりひどいレベルで歪みやすいです。

これは、正直、ちょっと無駄な・・・いわゆる“悪”の歪みなので、ない方がいいですね。

降りるときは、まず静かに上体を起こします。

その時も、できればどなたかの介助があったほうがいいでしょう。

まっすぐ上体を起こしてきて、静かに回転、分娩台から足を降ろし、一度座るような状態にして一息入れましょう。

この姿勢になってから、椅子からまっすぐ立ち上がるかんじで分娩台から降ります。

この時も、介助があった方がベター。

両足に均等に体重をかけて立ちます。

出産後の重力との勝負は、このくらい慎重にやった方がいいですよ。

後が全然違いますから!

これを、何も考えずに、よいしょっ!と起き上って、片足で降りたりすると、たいていひどく歪みが残ります。

気をつけましょう!

宮町鍼灸整骨院では「骨盤矯正」ではなく「骨盤調整」なんです!

2016.07.01 | Category: 健康,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

おしょー院長です。

さて、しばらくの間滞りがちだった宮町鍼灸整骨院ブログ、

いよいよ本格リニューアル始動!!いたします。

健康や美容、そしてちょっと専門的な治療のこと、

はたまた、宮町鍼灸整骨院の赤裸々な様子や雰囲気、

スタッフの重大な秘密・・・など、

どうでもいいような、いわゆる「気まぐれ」記事は書きません。

・・・いや、もしかするとネタが切れて、苦し紛れに書いてしまうかもしれませんが、

基本、書きません!

みなさんの

お役にたつような、

いま知りたい、

本当のところどうなの!?

助けてーーー!

というご要望に沿うような、記事を書いていきます。

それによって、

例えば、体に関する何かお悩み事をお持ちで、

一所懸命、検索中の方が、

「宮町鍼灸整骨院って、どうなの?」

「治してくれそうなの?」

「雰囲気悪くないの?」

といったような疑問が少しでも解消するヒントにでもなれば・・・と思っています。

さて、では早速本日の本題、

骨盤調整です。

骨盤調整??

ん?

骨盤矯正???

あれ、調整と矯正ってなんか違うの!?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実はあまり違いはありません。

微妙な骨盤に対する考え方の違いかと思います。

どういうことかと申しますと、

歪み(ゆがみ)に対する考え方です。

さて、ここでみなさんに質問です!

歪み(ゆがみ)とは、悪いものでしょうか?

これの答えを「悪」と考える方にとっては、骨盤矯正という言葉が当てはまります。

つまり“矯正”という言葉なのですが、

この意味は、“悪いものを正すこと”ということなので、

歪み(ゆがみ)という悪い状態を、正しく治すことが、すなわち骨盤矯正、ということになります。

一方、歪み(ゆがみ)=必ずしも悪ではない、という答えを持っていると、

“矯正”というよりは、調える&整えるという意味の骨盤調整という言葉がしっくりきます。

宮町鍼灸整骨院では、“骨盤調整”をしています!

つまり、歪み(ゆがみ)を“悪”とは見なしていません。

歪んだら悪いに決まってるじゃん!

とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、

宮町鍼灸整骨院では、歪み(ゆがみ)は、

ひとつの適応反応と考えます。

どういうことかと言いますと、

人間生きていますと、様々なストレスにさらされるわけですが、

なにも精神的ストレスだけに限らず、日々の仕事や姿勢、寝方、座り方、歩き方・・・

重いものを持ったり、PC作業をずっと続けたり、毎日家事に追われたり・・・

と、それぞれいろんなことをして、いろんなストレスを受け続けているわけです。

あと、そもそも、この地球上の重力もひとつのストレスですね。

とにかく、体は常に、いろいろな力に翻弄されているのです。

通常は、それらを骨や筋肉の力でカバーしているのですが、

ある一定以上のストレスが蓄積してくると、

あえて体の一部を歪ませて、より楽に支えようと変化していきます。

その適応反応の結果が、歪み(ゆがみ)となっているわけなので、

これはこれで、実は大変助けられている有難い反応なのです。

もし、その歪み(ゆがみ)がなかったら、そのストレスは直接重要臓器や骨などを傷つけることになります。

それを回避しているのが、歪み(ゆがみ)という現象なのです。

宮町鍼灸整骨院では、

そのように、適応反応で生じたと思われる歪み(ゆがみ)を、

ただまっすぐに正せばいい、と思いません。

なぜ、そのように歪んだのか?

どういうストレスに対し、どういう適応反応が起きたのか?

を独自の検査により推測し、

その歪み(ゆがみ)を、やさしく整えていきます。

だから、骨盤矯正ではなく、骨盤調整なんです!

では、宮町鍼灸整骨院の骨盤調整の実際、ですが、

それはまた次の機会に!

おしょー院長でしたー!

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内