ホーム > Blog記事一覧 > 2014 1月の記事一覧

もしも仙台で交通事故に遭ってしまったら、おすすめは病院の後に当院へ!

2014.01.30 | Category: きままブログ,交通事故

何ででしょう?

 

 

雪が少なくていいなぁという会話を患者さんとするたびに

 

 

 

次の日雪に見舞われる・・・

 

 

 

天邪鬼みたいなこの天気。

 

 

 

さて昨日の朝、整骨院の前で掃除をしていると、

 

 

 

物凄い大きな“ガシャン”という音が背後から聞こえ、

 

 

 

振り返ると歩道でマウンテンバイクと普通の自転車がものの見事に

 

 

正面衝突してお互い倒れこんでいる!!

 

 

ありゃーーーー

 

 

と思いながら、救急車を呼ぶほどの痛みがあるか訊ねるとお互い「大丈夫」との返答が。

 

 

お互い事故のショックと、どうしていいのか分からない様子でやや震えている。

 

 

そこでワタクシが仲裁に入り、まずはお互いのケガの確認と自転車の損傷具合の確認を。

 

 

マウンテンバイクはライトや反射板が粉々になっている状態で、

 

 

普通の自転車は籠が半分くらいの容量になるほど凹んでいました。

 

 

 

事故の瞬間を直接は見ていないので、詳しく過失などは言えないものの

 

 

自転車同士、つまり車両の事故です。

 

 

本来ならば警察を呼び、事故について申告を行わないと事故不申告罪の適用となります。

 

 

ですが、怪我の無い物損事故の場合は、当事者双方が届け出ない事に合意すれば

 

 

事故不申告罪には問われません。

 

 

ですので、ワタクシも当事者のお互いに

 

 

「本来なら車両同士の事故に当り、歩道の走行は相互通行なので具体的な過失割合は分かりませんがケガをしている場合お互いのケガの治療費を割合に応じて払わなければいけません。警察を呼んで事故処理をしてもらわなければいけないですがケガも無く自転車の不具合だけでしたら警察は呼ばなくてもいいと思います。ただ、自転車の破損もお互いが払わなければいけないので、同じくお互いに費用を求めるようでしたら事故の証明をしてもらうために警察を呼ぶ方がいいですがどうしますか?」

 

 

 

お互い「どうしますか?」と聞きあいその場を後にしていました。

 

 

つまり物損事故として流したわけですが、

 

 

正直あのぶつかり具合だと後から症状が出る場合もあるかもと後々考えてしまうテンクルパー。

 

 

あのくらいの事故ならテンクルパーは確実に警察を呼んで事故処理をしていたかな。

 

 

もうちょっと詳しく説明してあげられれば良かったのですが、一瞬の出来事の中では最低限の説明は出来たかな。

 

 

 

さて、今回は物損事故ですみましたが、

 

 

 

もしこの時お互い、もしくは一方がケガをした場合は警察を呼び、事故処理をしてもらわなければいけません。

 

 

その場が怖くなったり、急いでいるからとケガ人を放置して行った場合には

 

 

自動車同様に救護義務違反となり「1年以下の懲役または10万円以下の罰金」となりますので注意ですよ

※自転車の場合自動車に比べるとやや軽い刑ではあります。

 

 

 

まず警察を呼び、事故処理をしてもらった後にケガの治療となるわけですが、

 

 

警察を呼ばないと、お互いが認めている場合でも事故の事実が証明できないので各種保険の請求などが出来ないもしくはお互いの過失が判明しずらいことになります。

 

 

余裕があったら警察の処理とともに相手の連絡先・職場・保険等に入っているかの確認を取れるといいです。

 

 

なぜなら最悪のケースでは相手側に支払能力が無かった場合に自分が全て治療費を負担しなければいけません。

 

 

そうなると治療費を抑える工夫も必要になってくるからです。

 

 

さて、無事に事故処理を終えたら病院へ行きましょう!

 

 

病院のお医者さんのみが診断書を作成することができます。

 

 

また、レントゲンや場合によってはMRIなどの画像診断を行い正確な診断をしてもらいましょう。

 

 

 

その後に関していえば正直、受診した整形外科の方針しだいでかわります。

 

 

多くの場合ですと湿布や痛み止めの処方のみで終わったり、たいしたことはしないで待ち時間がかかるのみといったことが多いので、そうなれば整骨院での治療の方が断然お勧めです。

 

 

病院によってはしっかり電気治療や理学療法士による運動などのリハビリを行う場合がありますが、

 

 

医者とその他スタッフとの間で連携がとれずにまともな治療を受けられなかったという例も当院への来院者から伺ったことがあります。

 

 

診断に関しては病院のお医者さん、その後に関しては定期的に病院へ行きつつ治療整骨院にて施術を受けた方が待ち時間や診療時間も含めて効果が高いように思います。

 

 

 

テンクルパーは車は所有していないので、自転車の傷害・賠償保険に先日やっと加入しました!!

 

 

いつどのような事に巻き込まれるか、引き起こしてしまうか分かりませんからね!

 

 

みなさん是非ご自身の加入している自動車任意保険・共済保険・傷害保険などを確認してみて、賠償保険特約に入っているか確認してみては如何でしょうか?

 

 

ではまた来週exclamation

 

 

 

毎朝の面倒!車の凍りつき!!交通事故を起こさないために。

2014.01.29 | Category: きままブログ,交通事故

みなさん、こんにちは。

お寒うございます。おしょーブタです。

 

 

 

さて、おしょーブタは、毎朝、車で通勤しているのですが、

 

この、冬場での面倒・・・

 

・・・そう、フロントガラスの凍りつきです。

 

 

駐車場に行くと、車全体が真っ白!

 

特にフロントガラスは、真っ白に凍った霜が全面にびっしり!

 

とても、手やタオルなどではどうしようもないです。

 

車用の雪かきワイパーで削るも、

 

これが意外と固い上、きれいには取りきれない・・・。

 

 

 

なので、こりゃあ今朝の寒さからすると間違いなく凍ってるな・・・と思ったら、

 

2ℓペットボトルに、ぬるま湯を持っていって、ジャージャーかけて融かします。

 

 

それでも、特に寒い日は、お湯をかけたそばから、また凍結したりして、

 

まあ、面倒なことこの上なし!

 

 

何回か中途半端にしか霜を取らず、

 

でも時間がなく、やむなく運転したことがありますが、

 

 

これが実に危ない!!!

 

 

中途半端・・・っていうのは、要するに、運転席正面の部分を削っただけ。

 

それだと直進状態のときはそれほど問題ないのですが、

 

曲がるときは超危険です。

 

 

微妙なサイドがほとんど見えず、安全確認できずに、運で曲がるみたいな・・・

 

 

みなさんは、絶対にしないでくださいね!

 

事故のもとです。

 

おしょーブタも、もうしていません。どんなに時間に余裕がなくとも。

 

 

では、安全に寒い朝を乗り切るにはどうしたらいいか?

 

いくつか方法があります。

 

一つは、凍結防止用のフロントガラスカバーをかける。

 

これが、一番安いかな。1,000円くらいで売ってますし、自作でも十分可能。

 

そもそも、霜ってなあに?

 

ということを考えれば簡単なのですが、

 

 

霜って、「降りる」とか「降る」っていう言葉を使いますよね。

 

コレがまさにその通りの話で、

 

霜は、気温の下がったときに、空気中の凍った水蒸気が、

 

文字通り、雪のように降り注いでできるものです。

 

 

つまり上からしんしんと降ってくるわけですね。

 

だから、屋根のある駐車場では、基本ほとんど霜で凍ったりしません。

 

屋根だけで防げちゃうんです。

 

 

逆に風が強い日も、しんしんと凍った水蒸気が降る暇もないのであまり凍りません。

 

 

フロントガラスカバーは、そのまま、

 

上から降ってくる凍った水蒸気を遮断しているだけ。

 

それで大丈夫なんです。

 

 

あとは、前日に凍結防止スプレーをかけるとか、

 

薄めた酢液を塗っておくとかありますけど、

 

 

毎日のことですから、カバーが一番楽なんじゃないかなーと思います。

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、

 

くれぐれも事故には気をつけて安全運転を!

 

 

もし、事故のお怪我でお困りの方は、ぜひ宮町鍼灸整骨院へ!ウッシッシ (顔)

 

 

おしょーブタ

交通事故予防~自転車~

2014.01.28 | Category: 交通事故

こんにちは!

あおちゃんです晴れ

 

今週は予報では寒暖差の激しい週となりそうです。

みなさん体調にお気をつけください。

 

さてさて、今日は自転車事故についてです。

 

昨日高額賠償が決まった自転車事件がありました。

内容はというと、

 

東京都大田区の交差点で2010年、

信号を無視したスポーツ自転車にはねられ、5日後に脳挫傷で死亡した女性(当時75歳)の遺族が、

自転車に乗っていた男性(46)(重過失致死罪の有罪確定)に

約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、

東京地裁は28日、男性に約4700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 

というものです。

 

他にも

神戸市内で小学生が自転車で女性をはね、寝たきりの状態にさせた事故で

神戸地裁が同7月に母親の保護者責任を認め、

女性側に9500万円を支払う賠償命令を出した事件もありました。

 

自転車事故は

平成20年をピークに

毎年2000件台を割れない年が続いているそうで

さらに毎年5件前後で死亡事故も起きているとのこと。

 

歩行者が歩道や路側帯など「保護される場所」にいた場合は自転車側の責任を100%としたり、

歩行者側に過失があっても軽くしたりする判断が多いそうです。

 

賠償金が高額になることも各地で目立っていて、

自転車事故は自動車事故と同等レベルのものになってきています。

 

ブレーキの効きにくい自転車、あるいは効かない自転車に

乗っている人達も増えているとのことなので、

自転車は十分凶器になるということを頭に入れておかなければなりません。

 

気を抜いているといつ自分がそうなるか分かりません。

最悪の場合もあるんだと頭に入れて

安全運転を心がけましょう。

 

 

 

では今日はこの辺で

 

 

へばね〜

 

 

交通事故に遭ったら何必要?

2014.01.27 | Category: 交通事故

おばんですー(・ω・) しーちゃんです(●´ω`●)

 

最近道路が凍るぐらい
寒い日が続いてますが
皆さん滑って転んだりしてませんか?

 

 

さて、題名にもありましたが
最近交通事故に遭う人が増えているのは
気のせいですかね(*゜ロ゜)?

 

とりあえず交通事故にあったら
何をすればいいのか。

 

………とりあえず警察に連絡してください(・ω・)

 

んで、病院にいってください。

 

事故にあったときはわかんなくても
後に症状が出てくるときがあるので
ちゃんと病院にいってください(ノ´・ω・)ノ

 

で、出来れば診断書をもらい、
整骨院に連絡をします(`・ω・´)

で、保険会社さんにも連絡をして、

最終的には整骨院や病院で治療していく形になると思います。

 

 

 

 

 

とりあえず……
わからない事があったら
宮町鍼灸整骨院に連絡ください(●´ω`●)

 

 

よろしくお願いします(・ω・)

 

 

いろいろまとまって無いですが、

そんな感じです。

 

連絡するなら

・警察

・保険会社

・整骨院

 

 

一番は事故に気を付けて

事故にあわない様にすることなんですが、

事故にあってしまったらこんな感じです。

 

ザックリですが、わからないことがあれば整骨院まで。

 

 

では、また来週。

仙台市で交通事故

2014.01.27 | Category: きままブログ,交通事故

こんにちは

 

よしおです。

 

 

 

 

先週Kスタ(コボスタ?)のすぐ目の前の道路で車が爆発炎上していました。

 

 

なにが起きたのでしょうか?

 

 

 

幸い運転していたと思われる人は無事だったようですが

 

 

アスファルトも溶け出すほどの炎でスポーツカータイプの車はドアも天井もなくなり

 

無残な状態に

 

 

故障にせよ事故にせよ

 

最悪の場合こうなってしまうんですよね・・・

 

 

 

 

寒さも厳しくなり

 

移動にはやはり車を使いたくなりますが

 

飲酒運転にも注意しましょう!!

 

最近では取り締まりも厳しくなり飲んだら乗らないの意識が普及しつつありますが

 

『酒気帯び運転』

 

で事故や捕まる人はなかなか減らないようです。

 

 

 

そもそも酒気帯びとは

 

意識は酔ってはいないのですが血中にアルコールが残っている状態なのですが

 

これは個人差があるので

 

「寝たから大丈夫」

 

とか

 

「8時間飲んでないからオッケー」

 

というわけではありません。

 

 

この辺の基準が定まっていないので違反になってしまうケースが多いのですが

 

人によっては健康ドリンクに含まれているアルコール分でもうまく処理できずに

 

酒気帯びとなってしまうこともあるのでお酒に弱い人は注意しましょう。

 

 

 

もちろん二日酔いも完全アウトですし

 

酔っていると知りながら助手席に乗っていた人も罰則を受けるので注意しましょう。

 

 

 

 

ちなみに飲酒運転で事故を起こした場合

 

物損や人身事故などの賠償保険は降りることができますが。

 

車両保険などには適応外となります。

 

 

 

なんにせよ楽しくお酒を飲むなら

 

それなりのリスク管理が必要ですね。

 

 

 

僕は常に限界に挑戦しながらお酒を飲む性質なので

 

絶対に運転しません・できません。

 

 

 

 

みなさんも気をつけましょう!!

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

 

青葉区の夜道に潜む交通事故の危険

2014.01.26 | Category: きままブログ,交通事故

こんにちはアトベッティです!

 

 

今日は朝から天気が良くとても暖かいですね!

 

 

今年は雪もあまり降らず、比較的に過ごしやすい冬になってますね。

 

 

私はバイク通勤なので嬉しい限りなのですが、小さい子供たちは残念なようです(笑)

 

 

私も昔は雪が降ったら嬉しいということがありましたが、今となっては全くないです。当たり前ですが(笑)

 

 

そういえば昔学生時代にバイクに乗ってて転んだ経験があります。

 

 

学生時代に配達のアルバイトをしていたのですが、その転んだ日は何日か前に雪が降っていて、道路自体は雪が積もっていませんでした。

 

 

ただ配達場所がいつもより遠い場所で、しかも結構狭い道でした。

 

 

行きは少し気を使いつつ運転して大丈夫だったのですが、問題は帰り道です。

 

 

行きも大丈夫で雪も積もっていなかったので普通に運転していてちょっとしたカーブを曲がろうとしたら、滑ってドーン!と転んでしまいました。

 

 

行きは気付かなかったのですが、どうやらブラックアイスバーンになってたみたいです。

 

 

もう配達し終わったというのが不幸中の幸いでした(笑)

 

 

そしてその道はあまり車が通っていなかったのも不幸中の幸いでした。

 

 

もし車が通っていたら大事故になっていたかもしれませんからね。

 

 

そのあとはバイクも身体もどこも異常は無さそうだったので配達用のバイクを一人で起こし何事もなく帰りました。

 

 

この転んだ時も夜でした。この時期は暗くなってから冷え込んで路面凍結ということもあるので、交通事故には十分お気をつけてください。

 

 

それではまた来週。

青葉区 お母さんはストレスだらけ!

2014.01.25 | Category: 健康

みなさん、こんにちは、村田です!

昨日のニュースで、40歳の母親が長男の男子を絞殺した疑いで逮捕されました!

父親はここ何週間か精神的に不安定な状態で病院を受診するつもりだったと語っていたようです!

近所の人たちの話では、本当に仲が良い親子と見えたと証言しています!

まさにその通りだと私も思います!

しかし、高速道路での事故は心中するつもりだったのでしょう!

そして、長男を自分の手で天国へ・・・・・・・・

多分、相当にストレスが溜まっていたのでしょうね!

はじめは、少しイライラしていてもそのうち自分がなにをしているのか正常な判断ができないようになってしまったのかもしれませんね!

自分の中に溜め込まずに早めに心療内科や精神科のストレス外来を受診することがオススメします!

こんな悲惨な事件を聞くのも見るのも嫌ですね!

そして、もうひとつ、女子高生が自転車で男性に接触して男性は14時間後に死亡した!

これは、大変ですね!多分、自転車は免許がないので業務上過失致死ではなく傷害致死になってしまうのでしょうかね!専門家ではないのでよくわかりませんが?

みなさん、自動車任意保険の特約で自転車保険に入りましょうね!

でも、この女子高生はどうなってしまうのでしょうね!

事故現場は見通しの悪い道での出会い頭だったらしいですね!

それでは、風邪など引かないようにお過ごしください!

by 村田

 

仙台市に住む学生諸君!自転車による交通事故のこわーい事実。

2014.01.23 | Category: 交通事故

大寒も過ぎ、少しは寒さも和らぐ?!と思いきや昼から雪が舞う今日この頃。

 

テンクルパーは通勤にさいして自転車で来ていますが、今シーズンは手袋を使っていなーい(笑)

 

不思議と我慢できてます。

 

さて、今日も通勤時に自転車にてヒヤリあせあせ (飛び散る汗)

 

なにが起こったかというと、45号線を向かってくる途中の線路を跨ぐ見通しの悪い橋にて出会い頭に・・・・

 

 

お互い停まったからいいもののちょいと寝ぼけていたら大惨事ですよ。

 

 

先日、当院(宮町鍼灸整骨院)へ来院された患者さんから信じられないことを伺いました。

 

それは、治療を終えてAさんはバス停で待っている時。

 

自転車に乗った女性が、歩道を走行してきて

 

「どけ、くそばばぁーーーー。あぶねーだろーー」

 

とAさんにむかって叫んできたとのこと。

 

 

いかに無知で自転車に乗っているのかが分かります。

 

 

まず自転車は基本的に歩道は走行できません。

 

自転車によっての事故の場合まずは過失傷害罪になります。

成立すると「30万円以下の罰金又は科料」となります。

 

過失致傷は親告罪といって、警察で聴取をされた後に被害者が『加害者を訴える』とした場合にのみ成立します。

軽微な事故であれば、不起訴処分とされている事案も多いものと思われます。

 

 

しかし

被害者が死亡した場合は、過失致死罪となり、親告罪ではなくなり、刑罰も「50万円以下の罰金」となる。

 

 ほんの少し注意すれば事故が起こらなかったのに、その“ほんの少しの注意”も怠った場合には、より重い重過失致死傷罪となり、「5年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」となる。

 

 

小難しい話をしましたが何を言いたいかというと、単に相手の怪我を保証しなければいけないだけではなく、

 

 

犯罪者となるわけです。

 

 

そしてこれは学生にとっては特に考えなければいけないこと。

 

 

将来お医者さんになりたい!小松島にもありますが、薬剤師になりたい!僕らのような柔道整復師・鍼灸師になりたい!調理師になりたい!と夢を持つ学生は多いと思いますが、

 

今上げた資格を取得する際、

 

 

資格の欠格事由というものがあります。

 

その中で相対的欠格事由という欄があり、

 

 

罰金刑以上にしょせられたものとなっているんです。

 

 

つまり資格を取得したくても取得できないことがある。

 

 

本当に気をつけなければいけない。

 

 

さらに、昨年新たに判決が出た例では

 

なんと小学生が引き起こしてしまった交通事故について、

 

 

引き起こした小学生の母親に9,500万円の賠償命令が出たとか!!

 

 

しっかりお子さんの自転車の行動も見つめなおしてみませんか?

 

 

過去に起こった高額賠償の例を載せていたサイトのURLをご紹介して今週は終わります。

 

リンク

 

ではまた来週手 (パー)

交通事故治療 諦めません!仙台市青葉区の整骨院です。

2014.01.22 | Category: 交通事故

みなさん、こんにちは。

 

おしょーブタです。

 

 

さて、先週、

 

「交通事故治療において、丁寧に取り組んでますよ」みたいなこと書きましたが、

 

もう少し、詳しく・・・

 

 

たとえば、宮町鍼灸整骨院にいらっしゃる交通事故患者様は、

 

 

今日、事故に遭いました!

 

とか、

 

昨日、事故りました!

 

とか、

 

先週、事故に遭い、整形外科に行っていたんですけれど・・・

 

なんていう、いわゆる事故に遭ったばかりで、

これから本格的な治療のスタート!

 

という方ばかりではなく、

 

半年前に事故に遭って、ずっと他のところで治療していたけど、なかなか良くならなくて・・・

 

とか、

 

もう事故から1年経ってしまって、保険会社から示談の催促を受けているけど、なんかまだ痛みがとれていない・・・

 

なんていう方もよく訪れます。

 

 

そうですねー・・・一般的な傾向として、

 

事故から半年もすると、だんだん保険会社からの容態伺いが増えてきたり、

 

そろそろ治療を切り上げて、と言わんばかりの対応になることもしばしば。

 

 

 

でも、そんなこと言ったって、

 

まだ、痛いものは痛い!

 

文句はこの体を事故前とまったく同じ状態に戻してから言ってくれ!

 

とにかく、なんでもいいから、この痛みや不調を取り除いて、

以前の体調に戻して、快適に暮らさせてくれ!

 

 

って思っちゃいますよね。

 

 

そんな方々への最後の切り札になれれば・・・

 

と思い、常に治療に当たっておりますが、

 

さすがに事故から長期間経ったお怪我というのは、

やっぱり治すのも難しいことが多いです。

 

 

これは事実です。

 

 

それでもなんとかしたいと思っています。

 

別に特別な治療をするわけではありません。

 

 

もう一度、最初から丁寧に診察して、

 

今、なにが問題なのか?

 

あと、なにが引っかかっているのか?

 

 

などを探りなおします。

 

 

やはり、時間が経てば経つほど、

事故による、本来の痛みが原因だけでなく、

その痛みのせいで、どこかをかばって使い、

代償的に痛みが発生したり、

重心バランスが崩れたり、関節に微妙な歪みが生じてしまったり、と

 

いろんな不調が発生してしまうことが多々あります。

 

 

それだけでなく、

 

自律神経のバランスも崩れて、もっといろいろな症状・・・

 

不眠、お腹の不調、頭痛、めまい、耳鳴り、などまで起こることも・・・。

 

 

 

そんな感じで、どんどん複雑に、

 

どれが、事故の怪我の痛みや不調なのかわからなくなってきます。

 

 

 

そんな患者様でも、とにかく諦めずおつきあいさせていただいております。

 

 

こんな風に思ってやっていますので、

 

どうも最近、宮町鍼灸整骨院には、

そのような交通事故患者様が増えてきました。

 

事故から1年以上・・・

さんざんいろいろな病院から整骨院まで、めぐってきたけど、

まだよくならない。

保険会社からは、もう示談を提示され、

痛みは残るものの、それは後遺症として慰謝料に上乗せしておわり・・・

でも、この痛みだけはなんとかならないものか・・・。

 

 

なんていうパターンの患者様です。

 

 

示談間近、あるいは示談後の患者様なので、

いわゆる巷で言う、自由診療による儲け、なんてことはまったくないですよ。

普通の、部位数と施術時間に応じた実費治療です。

 

ただ、スタッフのほとんどが交通事故経験者な上、

うち2名(ワタクシおしょーもです)は、明らかな後遺症もあるほどのもの。

 

お気持ちは十分にわかるつもりです。

 

ですので、そんな患者様に対しては、

 

決して諦めることなく、

 

魂で治したい (by楽天イーグルス)

 

と心から思う次第であります。

 

 

 

おしょーブタ

交通事故発生状況

2014.01.21 | Category: きままブログ,交通事故

こんにちは!

あおちゃんです晴れ

 

先週ひょんなことから手作りピザを作りました!

釜で焼くのではなく、フライパンで作れるピザですぴかぴか (新しい)

 

具は豚キムチブタ

食べ応えばっちしでまいう〜でした♡

 

ただ、

作るのは難しかったです!

 

今度作るときはもっと手際よくできたらいいな笑

 

 

さてさて話は変わりまして

 

今日はH25の交通事故発生状況についてです

 

宮城県警によると

交通事故発生件数 9851件

 

死亡事故 84件 死者数 88人

 

負傷者 重傷 717人

    軽症 11930人

    計  12647人

 

 

全国及び東北の死者数

全国 4373人 

 

東北 374人

 

宮城県 88人

 

青森県 48人

 

岩手県 72人

 

秋田県 48人

 

山形県 39人

 

福島県  79人  

 

 

宮城県は東北で一番多い人数となりました。

さらにH24よりも24人増加していました。

 

ちなみに東北で一番事故が減少したのは

青森県と岩手県で−11人でした。

 

 

中でも、

ぼんやり運転や脇見運転などの

緊張感の欠如による事故が多発しているそうです。

 

いつも慣れている道や

安全だと思い込んでいる道を運転する際もしっかり確認しましょう。

 

それから高齢者の死者数が約4割を占めています。

H24よりも13人増加でした。

 

自転車事故も多発しています。

自転車側も前方不注意や安全不確認には注意しましょう雷

 

 

では今日はこのへんで

 

へばね〜

 

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内