ホーム > Blog記事一覧 > 2015 10月の記事一覧

仙台市 今日はワールドカップラグビーの世界一が決まる瞬間!

2015.10.31 | Category: スポーツ

みなさん、こんにちは、村田です。
今朝は冷え込みましたね。お出かけするときは暖かい服装で出かけましょう。
まだまだ、芋煮会も盛んなようです。参加する方は風邪など引かない様気を付けて下さい。
さあ、みなさん、今日はワールドカップラグビーの決勝戦です。
ニュージーランドVSオーストラリア戦です。
世界第1位と2位の直接対決です。
そうとうエキサイティングな試合になることでしょう。
ただ日本時間で午前1時からなので、観られない方もいるでしょうが、深夜に強い方は是非世界の最高峰のラグビーを観戦して頂ければ幸いです。
前半から両チームとも飛ばしてくるので早い時間から流血戦になるものと予想されます。
寒い深夜ですが、ハートも身体も熱くなって下さい。
また、惜しくも日本代表は世界ベスト8を逃しましたが、南アフリカ、サモア、アメリカに勝利し、日本のラグビーの歴史を変えるとともに全世界から尊敬のまなざしで見られるようになりました。
また、南アフリカでは日本戦に敗戦した瞬間から日本に負けるとはとバッシングの嵐だったようですが、これも一種の人種差別ですかね。
しかし、これに負けないくらいにこれから始まる7人制のラグビー男子、女子の応援をお願いいたします。
また、広報担当の方のコメントでラグビー選手はあんなに厳しい練習に堪えているのにまったくスポットライトが当たらないと寂しい気持ちでいたそうですが、今回の戦績でスポットライトを浴び多くの人たちにラグビーというスポーツを知って頂いたと喜びを語っていました。
皆さんもこれからトップラグビー、大学ラグビー、高校ラグビーと続きますので応援よろしくお願い致します。
それでは、風邪など引かないように気を付けて下さい。
また、来週・・・・・!
by 村田

仙台市 明日は選挙と全国女子駅伝!

2015.10.24 | Category: きままブログ,スポーツ

みなさん、こんにちは、村田です。
もう、朝と晩は冷え込むので一枚羽織るものをバックに入れておいた方がよさそうですね。
広瀬川には、鴨が川で優雅に泳いでいますよ。ということは、インフルエンザも流行するということですね。
手洗い、うがいを励行しましょう。
明日は、県会議員選挙です。
県政を決める大事な選挙です。
権利を放棄せずに選挙に行きましょう。
宮城県や私たちの暮らしが少しでも良くしてくれるような議員や政党を選ぶチャンスです。
また、お昼過ぎころからは恒例の杜の都全国大学女子駅伝が行われます。
さあ、明日はどこの大学が優勝するのでしょうか。
今年は強豪ぞろいですから、レースはとっても面白いと思いますよ。
応援に行く方は寒いので暖かい服装でお出かけくださいね。
選挙に女子駅伝と行事がいっぱいですね。
そうそう明日からは、ワールドカップラグビーの準決勝です。
どこのチームが優勝するのでしょうか。
みなさん、ラグビーも応援お願いいたします。
それでは、また来週・・・・・
by 村田

仙台市 日本ラグビーベスト8ならず・・・!

2015.10.17 | Category: きままブログ,スポーツ

みなさん、こんにちは、村田です。
日本代表はラグビー史上初のワールドカップ3勝を上げました。
しかし、サモアがスコットランドに負けたため決勝リーグに進むことが出来ませんでした。
サモアも全力でスコットランドに挑んでくれましたが3点差で負けてしまいました。
日本もスコットランド戦の結果を知ってからのアメリカ戦でしたが、腐らずに最後まで日本のラグビーをしてくれたので、「涙が出るほどうれしかったです」
ここでやる気のない試合をしたら将来の日本ラグビーはなかったでしょうね。
日本に帰国してからはメディアにも取り上げられ今まで、マイナーだったラグビーを今まで興味を持たなかった女子なども一度観てみたいと思わせたのは、今回の最大の日本代表の功績なのかもしれません。
これが、将来、日本が世界でもトップになる礎を作ったのかも知れません。
また、ジョーンズヘッドコーチが退任し、新しい監督を探さなければなりませんが、リーチ主将は監督や選手は英語が必須だと言っていました。
まず、監督は最低でも「英語」が出来る人でなければならい。と、言っています。
そして、日本代表のミーティングルームでは英会話の講習が練習の一環になるのではないでしょうか。
今回もリーチ主将は主審では「英語」でコミニュケーションをとっていたそうです。
リーチ主将は一番大切なことは、主審を常にリスペクトすることだと、「今の日本に欠けている一つかも知れませんね」。
スポーツも仕事も人間関係も全て相手をリスペクトし、コミニュケーションを取ることが大事なのですね。
さあ、明日の早朝はいよいよ準準決勝です。「フランスvsニュージーランド」戦です。
それでは、また来週・・・・!
by 村田

スポーツによる膝痛 理学検査と画像診断

2015.10.15 | Category: きままブログ,スポーツ,柔道整復,鍼灸

【患者情報】 十代 女性 運動部に所属

【主訴】  右膝の痛み

【現病歴】 膝に違和感を覚えるもチーム練習を続行。
2日後の練習から監督からの指示を受ける際や、ミーティングなど、
直立姿勢も辛くなり、単純なボールを蹴る動作も嫌になる程の痛みにかわる。
怪我は慣れたもので、帰宅後のアイシング等はしっかり行うも、
練習は休まず気力で行う。

【本症状の初検時の状態】 
新人戦でスタメン予定なのでとにかく右膝を何とかしてほしい。
完全伸展・完全屈曲が痛くて出来ない(したくない)。
角度計が無かった為目測で
伸展 AROM 10°  屈曲 AROM100°
PROM 5~10°     PROM100~120°
痛みを無視すれば   0°    130°
自覚するのは膝の外側が痛い。

圧痛部位 内側(-) 前面の膝蓋靭帯及び脂肪体周辺 (-)
外側(+) 外側裂隙周辺が特に痛む。
やせ型であるためパッと見た感じでも膝に腫れがある。
発生機序として、明らかにこの瞬間に痛めたという記憶はない。
しかし練習時に夢中になって気づかずに打撲による痣が出来ている事も多々あるため今回も記憶にないだけの可能性もある。

【スペシャルテスト】 膝蓋跳動(+)
膝蓋骨圧迫テスト(やや外側に違和感を誘発)
膝蓋骨叩打、脛骨・腓骨パーカッション(-)
前方引き出し(-) ラックマンテスト(-)
後方引き出し(擬陽性)患者に違和感誘発と僅かにサグサインがある。
内反ストレス 伸展時(-) 30°(-)少し痛みは出る。姿位のためか。
外反ストレス 伸展時(+) 30°(-)何回か行うと必ず再現されるわけではない。
           ↳外側裂隙付近に痛み。
ステインマンテスト(-)内旋し完全屈曲時から伸展する際に内側にクリック音
は出るが痛み等の誘発は無い。
マックマレーテスト 股関節内旋時〈(-)違和感程度の誘発〉 外旋時(-)
バウンスホームテスト (+)
アプレーテストは手技の中にてやってみたが、正確な反応は見られなかった。

【結論・治療計画】理学検査から、膝の捻挫による軟部組織の損傷
特に、外側半月と後十字靭帯の損傷が怪しいと伝え、炎症による腫れが出ている。
半月板にしては、発生機序及びスペシャルテストの再現が完全ではないので軽度
であることを願い、可能な限り炎症を抑える努力を行い、
続けて来院することを条件に出場はやむなしと判断。
時間が取れ次第、病院での精査を行うことにした。

【日常生活での指導内容】当日から3日間は練習直後の湿布、帰宅後のアイシングと入浴後のアイシング、
サポーターもしくはテーピングでの補助を行っての練習をすること。

【施術内容】 1回目 前回までの症状から下半身のほぐし、膝の患部へのアプローチは
MCRによる腫れへの治療(swelling パッドで)、PSTによる四頭筋の緊張緩和
牽引、AKA、による関節面の隙間を広げ、動きを滑らかにする。
テーピング 四頭筋の補助テープ・螺旋状に安定させるテープ

2回目 痛みをこらえて大会出場し終了に来院。
外側から後面にかけて痛みがある。痛みのレベルは変わらず。
痛む場所が漠然としている。
MCR、下半身の手技、PST、キネシオ 腸脛靭帯系として治療

3回目 再度理学検査を実施。
外側半月かとも思ったが、膝窩筋へのアプローチ。
下半身の手技 鍼(パルス治療)、干渉波

4回目 下半身手技、鍼(MCR通電)により腫れ、膝窩筋へもアプローチ
初検時の跳動は無くなり腫れもなくなったが痛みのレベルは僅かによくなる程度で、
著効は見られず。病院へ行くべきか行かないか相談を受ける。
行くとしたら東北整形の前田先生(ベガルタチームドクター)に診てもらいたい。
丁度良く明日が外来を担当する日との事。いくなら授業終了後を予定。
紹介状発行
患者さんの了解を得て東北整形で診察立ち合い。

5回目 前日にに東北整形外科にて精査し来院。
X-Pは問題なし。
MRIの結果以下のように診断を受ける。
診断:①右脛骨外側顆骨挫傷※1
   ②右膝陳旧性後十字靭帯損傷※2
想像した半月板に関しては問題ない模様で、2週間程度のレベルを落とした運動にて
自然に治癒する。もし痛みが引かない場合にはまた来院するようにとの説明を受ける。
 下半身の手技、お灸(髄会の絶骨、骨会の大杼、膝周囲のツボに)

6回目 痛みはあるが運動は行える程度。
治療は5回目の時と同様に行う。

7回目 膝の痛みはほぼ寛解。
例のごとく足関節の痛みが酷くなり、そちらをメインに治療を行う。

【まとめ】酷さの割には発生機序が不明確だったので、問診やスペシャルテストを
丁寧に行った。しかし本症状の初検時から3名の術者が診て3様の答えが出てしまう
    整骨院レベルでは判断し難い症例だったが、重傷かもしれない中で可能な限り選手の希望に沿うように整骨院・病院の連携により
    効果的に治療が出来また、時間外ではあったもののその日のうちにMRIの撮影を行ってもらえたので、早期復帰に貢献できた。

※1 骨挫傷とは:骨軟骨骨折や顆部骨折とは異なり、骨髄のみに異常所見を示すことがYaoら(1988)やMink(1989)によって明らかにされた。これはMRIでのみ診断できる骨傷であり、Minkらは骨挫傷と定義している。MRIでのみ描出できる骨髄の損傷で、骨髄内の骨梁の微小骨折、出血、浮腫を現す。この病変は骨端部または一部は骨幹端部にまで及ぶ骨髄内に、T1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号に描出でき、軟骨下骨板と連続したあるいはやや離れた部位の地図状陰影として観察できる。(骨内骨折) 骨折脱臼 改訂2版より引用 
一般的骨折・不全骨折は線状に陰影が映るのに対して、骨挫傷の場合は地図様(影)のように映る。
フィギュアスケートの高橋大輔選手も罹患し、グランプリファイナル欠場。
日本ハムの中田翔選手は死球を受けた際に、骨挫傷を罹患している。
    
正常なMRI画像               ↑の部分が骨内の挫傷部位。陰影として映っている。

※2 陳旧性後十字靭帯損傷とは:陳旧性(古くからの)後十字靭帯損傷。今回の症例では損傷により本来の太さではなく、伸びて細くなってしまっている。
下の図は本症例に類似したMRI画像

a.正常なMRI画像         b.細く伸びてしまった状態

仙台市 いよいよ日本ラグビーの歴史が変わる!

2015.10.10 | Category: きままブログ,スポーツ

みなさん、こんにちは、村田です。
10月12日はラグビーワールドカップの最終予選プールアメリカ戦です。
アメリカに勝利すれば日本は世界に認められるでしょう。
ただし、スコットランドとサモア戦次第では日本がアメリカに勝利したとしても決勝トーナメントにはポイント差で進めないでしょう。
しかし、日本の選手はアメリカ戦に集中し、大差をつけて勝つ、そして、自分たちのラグビーをやるだけ!
また、今期から日本が世界のラグビー、スーパーラグビー(南半球)に参戦することが決まりました。
これで2019年の日本でのラグビーワールドカップは日本初の決勝トーナメントに出場できるに違いありません。
みなさんも、どうかアメリカ戦の応援よろしくお願い致します。
ラグビーは危険なスポーツですが、その為に十分なトレーニングを積んでいます。
怪我をしたときは適切な処置やリハビリなどをすることによって競技に復帰するプログラムがきちんと確立しています。
マフィー選手NO8も股関節脱臼骨折をしても約1年でラグビーワールドカップに出場しています。
これも適切なリハビリと個人がケガとどう向き合うかラグビー選手ならではの頑張りだと思います。
常にこの競技は自己犠牲が基本となっています。
是非、子供をお持ちのご父兄はラグビーを観戦させてやってください。
きっと感動すると思いますよ。
一人は皆のために皆は一人のためにをスローガンとしています。
日本人にはピッタリなスポーツだと思います。
また、朝晩の気温差が激しいので風邪など引かないようにご自愛ください。
それでは、また来週・・・・・!
by 村田

仙台市 今日はワールドカップラグビーの日本戦です!

2015.10.03 | Category: お知らせ,きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。
今日は、夜10時15分より日本vsサモアのラグビーの試合があります。
今日は土曜日なので気楽に日本の応援をお願いいたします。
今回の試合は決勝リーグに進出できるかどうか、日本にとっては大事な試合です。
是非、日本のみなさんの強い応援が必要です。
日本が南アフリカに勝ったおかげでラグビーを応援しようという方々が多くなってきたのはとてもうれしいです。
これを期に少しラグビーに触れてみて下さい。
この試合に勝って決勝リーグに行き日本目標であるベスト8を目指そう。
頑張れ日本、ガンバレ桜の戦士たち。
皆さんも、朝晩の気温差が大きいので風邪など引かないように気を付けて下さい。
それでは、また来週・・・・!
by 村田

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内