ホーム > Blog記事一覧 > 2018 5月の記事一覧

美容鍼 Lite!はじめました!!

2018.05.30 | Category: 美容,鍼灸

みなさん、こんにちは。

 

 

仙台市青葉区の宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

さて、この季節、そろそろ中華料理屋さんでは、

 

 

「冷やし中華はじめました!」 の貼り紙が掲示される頃ですね。

 

 

 

 

そんなかんじで・・・・

 

 

宮町鍼灸整骨院では、6月より・・・・

 

 

「美容鍼 Lite! はじめました!」

 

 

・・・なんです。

 

 

これはなにか?と言いますと・・・

 

 

いままでご好評いただいていたanu美容鍼ですが、

 

 

これは、かなり気合の入ったプログラムでして、

  

 

クライアントのお顔のお悩みの、なるべくすべてをどうにかしてあげたい!との思いで、

 

 

本数はだいたい50~80本、リンパドレナージュやお肌の保湿パックも行って、時間にして90分くらい。

 

 

施術費も6,000円でやらせていただいていたのですが、

 

 

実は、「もうちょっと手軽だったら試してみたいんだけど~・・・」 という方が意外に多くて、

 

 

「手軽」ってどゆこと?とお聞きすると、本数も時間もお値段も・・・ということでした。

 

 

うーーーん、確かに・・・。

 

 

やっぱり、初めての方にとっては、

 

 
顔にハリ!?・・・・・・こ、怖い、痛かったらどうしよう。それを50本以上!?

 

6,000円!?・・・・・・ちょっと高いなぁ。効き目なかったら損だし。

 

 

・・・なんて思いますよねーきっと。

 

 

 

 

なので、

 

 

美容鍼のお手軽お試し版をつくりました!

 

 

それが、美容鍼 Lite!です。

 

 

 

鍼の本数、10~20本!

 

 

所要時間、30分!!

 

 

お値段、半額の3,000円!!!

 

 

 

それで、しっかりと効果をだしていきます。

 

特にひきしめ、リフトアップには十分かと思いますよ。

 

 

 

それで、良かったら、あらためてanu美容鍼のフルバージョンにチャレンジして下さい。

 

ちなみにフルバージョンは、お得な回数券もご用意しています。

 

 

さあ、夏の紫外線にヘロヘロのお顔のお肌を、リセットして、いつまでも若々しい笑顔でいられますように!

 

そのお手伝いを全力でさせていただきまーす!

 

 

 

おしょーブタ

 

 

 

 

#仙台市青葉区 整骨院

#仙台市青葉区 鍼灸院

#土日も診療

#痛くない美容鍼

#小顔

#リフトアップ

牛乳は毎日コップに一杯が健康の秘訣!

2018.05.26 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

今日はいい天気ですね。

また、小学校は運動会が開催されるのですかね…?

運動場にテントやら玉ころがし、場所取りのシートがありました。

気温も上がるようなので熱中症には注意しましょうね。

さて、牛乳は毎日コップに一杯が健康の秘訣です。

何故、一杯なの?

それは牛乳はカルシウムの吸収が速いので・・・!

あまり大量に飲む体が勘違いして骨を分解して体の外に排出していまうからです。

なので、毎日飲むならコップに一杯が適量です。

そして、小魚も食べれば体内に適量なカルシウムが蓄積します。

体にいい食品だからと言って沢山とってしまえば変えて体を壊してしまうのです。

それではまた来週・・・!

by 村田

日大アメフト部、悪質タックル事件に思う

2018.05.25 | Category: きままブログ,スポーツ

みなさん、こんにちは。

 

 

 

仙台市青葉区の宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

いま、巷でお騒がせの悪質タックル事件・・・。

 

朝も昼も夜もTVをつけるとその話題ばっかですね。

 

 

いまのところ世論は、悪質タックル実行者の宮川選手は、行為自体は悪い事だが、正直、誠実、真摯に反省している・・・許してあげようよー状態で、

 

監督、コーチ、日大、あと司会者は、最悪、情けない、責任転嫁、嘘つき、保身最優先・・・厳罰を!

 

といったかんじですかね。

 

 

ま、正直どうでもいいことですが、

 

 

本音を言わせてもらえば、

 

「オイオイ、なにをいまさら・・・」

 

と思ってしまうのは僕だけでしょうか?

 

 

 

例えば、あの名作野球漫画、満田拓也先生の『MAJOR』の単行本36巻にもまったく同じパターンあるじゃないですか。

 

主人公・茂野吾郎の所属する弱小チーム・聖秀学院高校と、無敵の海堂学園高校2軍の練習試合で、

 

海堂学園の監督代行の江頭という独裁的指導者が、その立場を利用し、ある選手に1軍残留をエサに、故意に吾郎に怪我を負わせる命令をし実行させます。

 

 

他にも、スポ根系の漫画やドラマには非常によくあるパターンです。

 

というか、ずいぶんと使い古されたマンネリパターンです。

 

 

で、これらが漫画などの虚構の世界の中だけの話か?というと、

 

「イヤイヤ、そうじゃないでしょう」

 

 

本当のところはわからないので、無責任な予測ですが、

 

あったんじゃないですか?昔から・・・・そして今でも。さらには日本だけではなく世界的に。

 

スポーツが勝利至上主義になったり、ナショナリズムと絡んできたりすれば、当然そうなるでしょうな。

 

今の人類のレベルだと。

 

 

特に、ラフな接触を伴うスポーツ、サッカー、ラグビー、アメフト、ホッケー、バスケ・・・

 

あるいは、格闘技、柔道、レスリング、ボクシング・・・

 

これらは、上品に試合をしていては勝てないのが定石。

 

反則ギリギリ、あるいは時によってはあえて反則もやむなし、の世界です。

 

その反則もやむなしの行き過ぎが、今回のようなケースではないでしょうか?

 

 

もちろん、だからしょうがないじゃん・・・と言うつもりは毛頭ありません。

 

悪いものは悪いし、ましてや人格形成にも寄与する義務のある学生スポーツで、指導者が先導してやっちゃだめでしょ。

 

ただ、TVのコメンテーターとして、OBとか出てきて偉そうに言ってるけど、「初めて知ったような顔して、本当はお前もそういう伝統よくわかってんだろ!自分もやったりやられたりしてたんじゃないの?」と思ってしまうんですよ。

 

 

 

そもそも、スポーツマンって本当に爽やかで、紳士的なのでしょうか?

 

 

僕はこれ自体に疑問を感じます。

 

 

もちろん、素晴らしい人格者で謙虚で、そのスポーツを通して何かを完成させた、何かに到達したと思われるようなスポーツマンもたくさんいることでしょう。

 

でも、スポーツをしているからって、すべてがすべてそうではない・・・というか、かなりの割合で、

 

傲岸不遜、差別意識強く、利己主義なスポーツマンがいるのではないでしょうか。

 

 

そりゃあそうでしょう、小さい頃から強い、負けない、まわりは自分より下ばかり。ちやほやされて当たり前、みんな俺に従え!みたいな時間を過ごしてきてしまったら、そうなります。

 

そこで大事なのが、指導者!

 

いい指導者に出会えるかどうかが、その天狗の鼻をどうおさめて、さらに昇華させていくかのカギになります。

 

 

それでいうと、日大さん、残念でしたね。残念な指導者に指導されて・・・。ということです。

 

 

 

でも、あえて指導者側弁明。

 

週刊文春の14分間の内田監督の試合後音声で、

 

「何年か前の関学大が一番汚いでしょ」って言ってるけど、これは大騒ぎになる前の音声なので、多分真実。

 

どっちもどっち、っていうことですよ。今のスポーツを過大評価しちゃあいけませんよ。けっこう汚いんですよ。

 

今回たまたま、宮川選手が追い詰められたせいか、監督やコーチの想定を逸脱したありえないプレーをしてしまった。

 

たぶん、監督もコーチも相手QBを怪我させる意図をもって「潰せ!」と命じた。

 

でも、それはもっと上手に!もっと反則かどうか微妙なラインで上手に潰せ!ということ。

 

まさか、あんな馬鹿げたタックルで遂行するとは!ときっと監督もコーチもびっくりだったのでは。

「あいつアホか!?」と思ったんじゃないでしょうか。

  

でもラフプレーはアメフトでは当たり前にあることでもあるので、その場ではスルー。

 

ところがスマホの普及で、証拠となる動画が拡散され炎上!いつの間にか、大事に!!

 

 

こんなかんじなんじゃないですか?

 

 

ずいぶんと、勝手なことばかり申し上げて、ご気分を害された方もいらっしゃるかもしれません。

 

申し訳ありません。無責任な妄想です。何一つ検証したわけではなく、本当に妄想です。

 

 

でも、監督とコーチには、真実を語っていただきたいですね。

 

それだけは本当にそう思います。

 

 

おしょーブタ

 

 

 

 

新人テスト始まる!

2018.05.23 | Category: お知らせ

みなさん、こんにちは。

 

 

仙台市青葉区の宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

今日は内輪の話で申し訳ないのですが、

 

宮町鍼灸整骨院では、今年の4月から新卒で入社した、新人スタッフの小池達也先生ですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

およそ1ヶ月の実技研修を経て、デビューできるかどうかの厳しいテストに臨みます!

 

うちでは、いろいろなテストがたくさんあります。

 

グループで統一されたテストが24コ。

 

それ以外にも、各直営店舗において必要な技術や、本人がやりたい技術など、それはもうずーっとテストにつきまとわれます。

 

グループ全体で20人程いるスタッフの中で、いやこの制度が始まってから考えると、退職した者も含めたら80人くらいいたスタッフの中で、全クリしたのは4人しかいないというものなのですが、

 

小池先生、まずはじめの一歩!の「全身ほぐし」技術のテストに挑戦中です。

 

 

 

もう、これは頭で考えるより、

 

練習して、

 

練習して、

 

練習して練習して練習して練習して練習して練習して・・・・・

 

 

 

 

練習し過ぎて、指が痛くて泣いて・・・・

 

 

それでも練習して・・・・・・

 

 

いつの間にか、手押し指押しではなくて、しっかりと体重を載せてやわらか~く圧をかけられるようになる頃には、指の痛みもおさまってきていて、

 

たいてい、そのくらいにまでなれば、確実に合格できます。

 

 

みんなが必ず越えていく道ではありますが、最初はやっぱり悩んだり、自己嫌悪に陥ったりするわけですよ。

 

「なんでできないんだろう?」

 

「こんなに指が痛いのに練習続けるべきなんだろうか?」

 

「力入れて押すとプルプルふるえちゃってどうしたらいいんだろう?」

 

「ツボをとらえてないって怒られるけど、正直ツボなんかよくわからないよ」

 

「先輩たちは、なんであんな軽々と毎日何人もの患者様をこなせるんだろう?」

 

「オレ、才能ないのかなー・・・」

 

「私には、無理かも・・・」

 

 

ーーーなんて、みんな思うわけですよ。

 

 

実に微笑ましく可愛らしい素直な反応で・・・(毎年コレが密かな楽しみだったりして)

 

 

確かに“センス”というものは、確実にあります。この業界には絶対にあります。

 

センスのあるやつは、いとも簡単に合格します。知識や経験が無くとも、おそろしく良い手を持っていて、驚くほどうまいやつっています、確実に。

 

不思議ですね。同じこと教えられて、同じように練習しても、ベテランと素人ほどの差がついたりします。

 

でも、この業界、センスある人は、たぶん5%くらいなんじゃないかな?てきとーだけど。

 

残りの95%は凡人か才能ナシ!です。

 

おしょーブタもたぶん、というか、確実にコッチ側の人間でしたね。

 

 

そういう人は、悲しいかな、ひたすら練習し続けるしかありません。

 

近道はありません。でも遠回りにならないようにいい指導者について、正しい方向を指し示してもらう必要はあるでしょうが。

(おしょーブタはほぼ指導なしの独学だったから、ずいぶんと遠回りしちまってるよなー) 

 

自分がいい指導者かどうかは何とも言えないところですが冷や汗 (顔)

 

とにかく、がんばって合格してほしいものです、小池先生!

 

 

これをクリアしないと、患者様に触れることすらできないのですから。(給料も上がらないよっ!www)

 

 

 

ちなみに、もし小池先生が晴れて合格しましたなら、

 

 

新人フェアで、30分¥3,000の伊達ほぐしが、

 

小池先生指名で、新人お試し特価で、30分¥1,000でお披露目いたしますので、

 

予約したい方は、当院までご連絡を!

 

 

おしょーブタ

 

 

 

 

 

#仙台市青葉区宮町

#交通事故治療 仙台

#マッサージ 仙台

#土日祝日も診療

 

 

 

  

膝窩筋炎の鍼灸治療

2018.05.22 | Category: スポーツ,膝痛,膝窩筋,鍼灸

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

 

前回のつづき・・・膝裏の痛み、膝窩筋に対するアプローチをご紹介したいと思います。

 

 

いろいろな方法があると思います。

 

重心の問題がありますから、距骨の矯正もいいですし、大腿部の筋肉バランスを整えるために運動療法もいいかもしれません。

 

 

ここでは、もっとも直接的な、膝窩筋への鍼による治療について書きます。

 

 

16歳 男子高校生 陸上部(短距離)

 

4月中頃より、徐々に練習量が増えていくにしたがって、左膝の裏側に痛みが出始める。

安静時に痛みはないが、走っている最中にズキッとした痛みがある。

特に脛骨内旋時に痛みが出る。

 

大腿部の筋緊張強く、各関節も柔らかい方ではない。

膝窩筋への負荷テスト(仰臥位・膝を軽度屈曲させ、足関節90°にて、足先を内に向け脛骨内旋位にする。その状態で徒手的に逆不可つまり足首を外旋方向に負荷をかける)を行うと痛みが増す。

 

膝窩筋オーバーユースによる膝窩筋炎と判断し、疼痛および緊張緩和のために鍼を行う。

 

 赤マジックのところが膝窩筋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左膝の大腿骨の外側から、膝裏を斜め下に横切るように走行して脛骨にくっついています。

 

コツとしては、しっかりと膝窩筋の走行を触知したうえで、膝窩横紋(膝裏の横シワ)より下の2点を刺鍼点としてとります。

 

縦に2点取りたくなるところですが、ほぼ横に2点です。

 

なぜなら、膝窩筋の上部、膝窩横紋より上の方は、腱成分が多く、トリガーポイントもモーターポイントもあまりないです。

 

鍼を刺す時の痛みも起きやすいです。

 

なので、必ず下です。坐骨神経が近くを走行しているので、刺激しないように気をつけてね。

 

 

そして、写真のように、パルス電療です。

 

ジャストミートしていれば、パルスの刺激に合わせて脛骨が軽度内旋するのが見られます。でもパルスは激弱で十分。強すぎると攣ってしまいますよ。

 

そんな感じで10~15分通電して、鍼は終了です。

 

 

あとは、それぞれ必要な調整やマッサージなどを施します。これがないと再発しやすいですからね。

 

でもてっとり早く痛みを軽減させるには、鍼はとても有効ですよ。まず膝窩筋そのものが柔らかく元気になるのですから。

 

 

 

おしょーブタ

  

 

#仙台市青葉区整骨院

#仙台市青葉区鍼灸

#スポーツ鍼灸

#膝痛

#膝窩筋

#土日祝日も診療

 

 

 

 

膝の裏が痛いっ!・・・・膝窩筋障害

2018.05.21 | Category: きままブログ,スポーツ,膝痛,膝窩筋

みなさん、こんにちは。

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

今日は、あんまりメジャーじゃないけど、膝裏の痛みについて。

 

高齢者の方の膝裏の痛みではなく、アスリート・・・特によく走る人に起こることがある膝裏の痛みについてです。

 

 

もちろん、いろいろな原因やパターンは考えられるのですが、今日は「膝窩筋」というマイナーな筋肉に絞って考えていきましょう。

 

 こんなところに、こんな風にくっついている筋肉なのですが・・・ 

 

 

 

 

 

 

何をしているかというと・・・

 

脛骨(スネの骨)の微妙なタイミングでの微妙な内旋です。あとは膝の屈曲の補助ですかね。

 

この微妙な動きに何の意味があるのか?

 

 

例えば、歩行や走行の際に、地面に足をつきますよね。

 

それをもう少し細かく分析していくと・・・

 

まず、踵が地面につきます。

 

  

 

 そして重心が踵から、足の裏を図の(1)から(5)に向かって移動していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この際、(4)のあたりで、急に親趾側にシフトしていくのがわかりますよね。

 

なぜシフトするのか??

 

別に意識してやっているわけではありませんね。

 

自然とそうなるようにできているんですね。ヒトの歩行っていうものは。

 

自然とそうなっているのですが、その自然のなかに膝窩筋のスネの骨を内旋させるというはたらきが加わっているのです。

 

細かく言うと、膝窩筋は伸びきった膝を曲げ始める、そのスタートスイッチのように働いています。

 

膝は完全に伸びきるときに、スネの骨がわずかに外旋し、そこで軽いロックがかかって安定性が上がります。

 

そのロックを外す・・・つまりスネの骨が外旋=ロック! 逆にロックを外すには=内旋 させればいいわけで、これを膝窩筋が行っています。

 

その瞬間が、足裏の重心のシフト移動のタイミングと一致しています。

 

 

 

それと同時に足首(距骨下関節)のロック、つまりガチッと固定したり、フニャッと緩めたりと連動しています。

 

踵が地面につくときは、足首はガチッと。

 

重心が前にスライドしていくときは、フニャッと。

 

そして最後に親趾あたりで地面を蹴るときは、再びガチッと。

 

この複雑な連動の繰り返しで、歩行の重要な一部分が成り立っています。

 

歩行を陰で支える膝窩筋なのです。

 

 

さらに、歩行や走行をストップさせるときに、

 

そのブレーキの反動で、大腿骨が前方方向にスライドしようとするのですが、

 

急ブレーキの際は、前十字靭帯が主役で、この前方スライドを制動するのですが、

 

もうちょっとソフトな、微妙なブレーキにおける軽い制動は、膝窩筋が頑張っています。

 

 

 

さて・・・

 

こんな縁の下の力持ちのような、膝窩筋ですが、

 

たくさん走るスポーツをする人で、痛めてしまう人がいます。

 

特に、大腿部の筋肉のバランスが悪い人に多いようです。

 

大腿部の筋肉のバランスとは、大雑把に言えば、大腿四頭筋とハムストリングのバランスですね。

 

これが、大腿四頭筋側が強すぎたり、緊張して硬くなり過ぎたりしていると良くないですね。

 

大腿四頭筋+腸脛靭帯の膝伸展ロックのパワーが強いので、それを解除しなければならない膝窩筋は大変なわけです。

 

それが使い過ぎ(オーバーユース)で、小炎症を繰り返すと、徐々に膝窩筋の機能障害を起こしていきます。

 

 

そして、膝の裏が痛い、膝の外側が痛いなどの訴えを起こし、さらには股関節や仙腸関節へも影響を波及させる恐れもあります。

 

 

 

さて、そんな膝窩筋のトラブルですが、

 

その治療法について・・・は次回に!

 

 

 

 

おしょーブタ 

仙台市 今日から青葉まつり!

2018.05.19 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

今日から仙台恒例の青葉祭りが始まります。

天気はまずまずですが気温が低いので「風邪」など引かないように気をつけて下さいね。

また、交通量も増えるので「イライラ」せずに、安全運転をお願い致します。

この時期は交通事故も多いので交通ルールを守って楽しい週末をお送りください。

それでは、仙台の方は「青葉祭り」を思いっきり楽しんで下さい。

では、また来週・・・!

by 村田

仙台市 明日は仙台国際ハーフマラソ・・・!

2018.05.12 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

明日は恒例の仙台国際ハーフマラソンです。

天気は曇りでランナーの皆さんにとっては走りやすい環境なのではないでしょうか。

しかし、水分の補給など細心の注意が必要です。

また、今日は夜更かしは禁物です。

そして、朝食をしっかり食べてレースに臨んで下さい。

朝食は身体の栄養だけでなく、「心」を支える重要な栄養素です。

何故・・・?

心が折れると聞いたことがある思いますが、これは朝食をとらなかった為におこる現象です。

ハーフマラソンでは私たち鍼師、灸師、柔道整復師の先生方がボランティアで怪我の治療やケアをやるのも恒例になっております。

私たちの業界も2020年「東京オリンピック」向けてスポーツ選手のサポートを続けていきたいと思います。

それではまた来週・・・‼

by 村田

それって本当に坐骨神経痛!?

2018.05.11 | Category: 坐骨神経痛,腰痛,鍼灸,陰部神経痛,骨盤調整

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

そういえば、最近「坐骨神経痛なんですが・・・」といって来院される方が多いんです。

 

 

どこでそう言われたのか?

 

 

もちろん、確定診断はお医者様しか下せないものなので、本来はおしなべて整形外科等の病院で言われたものなのかもしれません。いえ、そうでなければならないはずなのですが、「別の整骨院で」とか「整体の先生に」とか、あるいは「知り合いに」なんてのもあります。

 

 

で、宮町鍼灸整骨院で、問診や徒手検査を経て診てみると、けっこうそうでないものも多いんです。

(いや、もちろんウチも確定診断出せるわけではないですよ)

 

 

でも、施術の方針を定めるには、できるだけ診断に近い想定をしなければなりません。

 

 

そもそも、「坐骨神経痛」というのは、病名ではなく症状名です。

 

 

なにが違うのかというと、「頭痛」とか「腹痛」と一緒で、

 

頭が痛い! → 頭痛 ・・・これは症状名で病名ではありません。

 

なぜ、どうして、頭が痛いのか?それを調べたら、「髄膜炎」だった、とか「片頭痛」だった、とか、これらが病名になります。

 

 

「坐骨神経痛」も坐骨神経に沿った場所が痛い、というだけの症状名で、ではなぜ痛いのか?その原因を見極めて、

 

例えば、「腰椎椎間板ヘルニア」とか「脊柱管狭窄症」などがあったら、それが病名になるわけです。

 

 

そんなかんじで、宮町鍼灸整骨院では、「坐骨神経痛なんです」と言って来られた患者様には、

 

 

丁寧な、問診、検査を行い、「ヘルニアではないかな?」「脊柱管狭窄症ではないかな?」など

 

その他もろもろ、原因を探してとっかかるのですが、

 

意外と坐骨神経痛ではない方が多いです。

 

 

今日も「坐骨神経痛」を訴えて来られた患者様がおりましたが、

 

 

調べてみると、どうやら小殿筋のトラブルでした。

 

小殿筋のトリガーポイントが活性化してしまうと、大腿部に痛みが放散することがあります。

 

 

そういう時は、坐骨神経痛の施術ではなく、小殿筋を中心としたツボ(トリガーポイント)に鍼治療をするだけで、かなりの改善が見込めます。

 

 

それにプラスして、小殿筋がなぜおかしくなったか?その原因に遡って股関節や骨盤(仙腸関節)などを調べて、問題があればそこも施術します。

 

まだまだいろいろと診るべきところはあるのでしょうが、たいていこのくらいで症状の改善は可能です。本当に突き詰めていくときりのない奥深い世界ですが、なるべく短時間で良くしたいものです。

 

 

個人的には、典型的な「THE 坐骨神経痛!」みたいな施術の方が好きなので、そういう方にこそ是非ご来院いただきたいものですがね。

 

 

おしょーブタも椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛経験者ですが、神経痛は通常の炎症性の痛みとは全く別次元の痛みです。

 

なので、その患者様のお顔を拝見し、その表情、苦しみの深さをお見受けするだけで、だいたい予測がつくんですけどね。

 

 

 

おしょーブタ

 

 

 

#坐骨神経痛 鍼灸治療 仙台市

#交通事故治療 整骨院 仙台市青葉区

#土日診療 仙台市青葉区

#骨盤矯正 仙台市青葉区

 

 

あと3㎏の壁・・・

2018.05.10 | Category: きままブログ,産後骨盤矯正,骨盤調整

こんにちはーるんるん (音符)

 

 

ママ達をキラキラ笑顔にサポートしたいばーおですわーい (嬉しい顔)

 

 

先日、育休中の廣瀬(加藤)先生がGW期間中に遊びにBabyを連れて遊びに来てくれましたわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

まだまだフニャフニャの柔らかくぬくい3ヶ月児に、目尻が下がりヨダレが・・・・笑っあせあせ (飛び散る汗)

決して!おいしそうーーーと思ってませんよ!!!

抱っこさせていただき、声を発し一生懸命お話に混ざりたいのかアピールしている姿に癒されましたー

あかちゃんはずっーーーと見てても飽きないですねー揺れるハート

 

 

さて、最近意識高いママさんが増えているのか・・・

もしくは、スコッーシずつですが産後骨盤ケアの大切が浸透してきているのか・・・

ケアに来ていただける方が増えておりますdouble exclamationぴかぴか (新しい)

お昼頃までおりません私ですが、今週だけで3組の方が来院しております。

以前は月に1組いるかいないかだったのに・・・exclamation and question

 

 

出産は十人十色。

皆さんの体験談聞いていて、楽しいです耳ムード

そして、なぜか冒頭お話した廣瀬先生含め私も産後ぶつかるラスト3㎏の壁・・・バッド (下向き矢印)

なぜかみんな3㎏・・・あせあせ (飛び散る汗)

 

 

私自身、3㎏の壁にぶつかり自力で一度は落としましたパンチ

しかし現在、戻ってしまいました・・・3㎏。。。

 

 

で、思ったのですdouble exclamation

わたし・・・産後ベルトはしていたけれど産後骨盤ケアしていない。骨盤閉めてもらってない。恥骨結合閉まりきってなーーーいdouble exclamation

そりゃ、体重落ちてもズボン入らないわけだーーーダッシュ (走り出すさま)

あれから5年。さすがに5年経過は難しいです・・・よね・・・人影たらーっ (汗)

 

 

そんな経験を皆さんにはしてほしくなく、私の後悔談も赤裸々に話しながら治療しています。

骨盤をしめる事は大切。でも、自宅で簡単にできるエクササイズも併用することがもっと大切。

三日坊主の私が推奨する簡単な方法!!

さらばぽっこりお腹ぁーーーーdouble exclamation

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内