ホーム > Blog記事一覧 > 2018 10月の記事一覧

仙台市 明日は第35回杜の都の全日本大学女子駅伝

2018.10.27 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

明日は、第35回杜も都の全日本大学女子駅伝が仙台で開催されます。

早いものでもう35回になるのですね。

今年はどこが優勝するでしょうかね。

シード校ではありませんが、伝統校である京都産業大学が良い選手が集まったので優勝の期待が高まっています。

しかし、シード校はそれを全力で阻止するでしょうね。

その中で過酷なレースが行われるのでしょう。

実業団の女子駅伝で途中で足を骨折して200mを這って襷を渡したことが話題になりましたが、明日の試合ではそのようなことが起こらない様に祈るばかりです。

駅伝は自分だけのレースではなく、チーム全員で戦う競技であるため、自分が辛いからといって棄権をする選手はいないのです。

怪我から走るのをやめる。辛いから走るのをやめる。そんな選手はいないのです。

彼女たちは、このギリギリの間で必至に戦っているのです。

明日は、是非、彼女たちのレースを楽しんで、そしてやさしく見守っていてくださいね。

それでは、また来週・・・!

by 村田

交通事故の一括で対応いたします!とは?

2018.10.24 | Category: 交通事故

交通事故の被害に遭った時に、加害者側の保険会社から連絡が入り、

「この度は大変な思いをされ、お見舞い申し上げます。怪我の治療費は全部当社が一括で対応致しますのでご自身の負担はかかりません。十分に治療を受けて下さい!」

 

よく分らないけど、とりあえず負担しなくていいってことよね?・・・

 

 

はい。

 

 

間違いではございませんが・・・これには保険会社の思惑が。

 

保険会社としては一刻も早くかかわりをもって、早く示談する方へ持っていきたい。

そして、突然高額な請求が来ることを阻止したいのです。

 

 

とりわけ整骨院など、わりとしっかり話を聞いていたいという所を全部しっかり治療して請求を出して来たら、支払う金額がとんでもなくなる・・・・

 

 

それは避けねばとなる訳です。

 

 

当院は患者様のお話を聞きつつ、しっかり怪我として長くかかりそうな場所を決め、

必要におうじて請求するとともに、整形外科での診断と整合性を持たせながら協力して早く回復するように尽力します。

 

 

疑問に思う対応をされたり、不安を感じるようなことがありましたら当院へお気軽にご相談ください!

 

 

 

仙台市 少女A

2018.10.20 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

今週の某番組で女子少年院に入院していた少女がテレビに出ていました。

また、この少女が驚くことに人気地下アイドルなのです。

少女は少年院でも問題行為を起こし、満期の2年間入院しました。

そこで、修得できる資格を取りまくっていたそうです。

なんと「秘書検定」「高校検定」を修得して、今は某大学の「法学部の1年生」で勉学に励んでいるようです。

そして、驚くことに、この少女は、今「NPO法人」を立ち上げて、「虐待」「ネグレクト」「いじめ」などで苦しんでいいる少年少女などの保護と教育施設を作るそうです。

テレビでの感想ですが、頭がよくて、「正義感」があり、何事にも逃げずに立ち向かっていくたくましさをかんじました。

今のこの時代にこんなにバイタリティーがある女子を見たのは久しぶりでした。

これからの活躍が楽しみでしょうがないですね。

それでは、また来週・・・!

by 村田

膝の骨折のお話

2018.10.18 | Category: サッカー,スポーツ,健康,柔道整復

10月から木・金で夕方から受付嬢をしている岡島ですぴかぴか (新しい)

 

短い時間しか勤務していないので、出会えたあなたはハッピー黒ハートになるかも!?(笑)

失礼いたしましたm(__)m

 

わたしは現在、整骨院の先生になるべく、専門学校に通っています!

 

今日は膝の骨折を学んできました✎

その中で今回紹介するのは、よくスポーツ選手が痛めてしまう前十字靭帯という靭帯の損傷です。

 

皆さん、前十字靭帯という靭帯を知っていますか?

なんとなーく前十字靭帯と聞くと、膝のことを言っているなと思ったら、あなたは物知り!

 

わたしもここまではスポーツをやっていたので分っていたのですが、

詳しい構造は今日学んで初めて知りました目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが絵で見る膝の中の構造です。

これだけ見るといまいち想像できないのですが、

前十字靭帯とは、スネの骨がももの骨より前に行くのを防ぐ役割をしています。

 

つまり無くなってしまうと、下の図のように脱臼してしまうのです。

 

※厳密には他の組織で守られ、脱臼まではしませんが、かなり正常な位置からずれてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくわかります??

上の図にも書いてありますが、膝が伸びた状態で、靭帯ピーンと張ります。

逆に屈曲(曲がった)状態では弛緩(しかん)するため図のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、スポーツなどで膝を伸ばした状態で、相手とコンタクトしあるいは自分で転倒した際に、

捻りの力がかかり靭帯の損傷や、顆間隆起という靭帯の付着部が剥がれてしまう骨折を起こしてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなってしまうと手術などの処置が必要になりますが、まさかそんなことになっていると知らずに放置したり、整骨院に来て深刻な損傷がある可能性を知ることも。。。

 

 

転んだり、運動で痛めた際に痛みがあるのに放置しちゃダメですよ!!

 

宮町鍼灸整骨院ではしっかり検査をしたり、専門医へ紹介して適切な治療がなされる様にします。

 

痛みがある方はすぐに宮町鍼灸整骨院へご来院下さい!

宮町鍼灸整骨院のスタッフの週間シフト

2018.10.17 | Category: きままブログ

平成30年10月1日より受付時間が変わりました。

 

詳しくは写真の通りとなります。

 

 

スタッフ数が厚く配置する形となりましたので

時間を気にする方も対応できると思いますのでお気軽にご来院下さい!

 

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

ジョギング&ウォーキング時の姿勢

2018.10.08 | Category: スポーツ,健康,腰痛,膝痛

みなさん、こんにちは。

 

仙台市青葉区宮町にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

またまた、日課の朝ウォーキング&ジョギングをしていて気づいたことなのですが、

 

すれ違う方々をチラ見観察していると、

 

一見姿勢が良いように見えるのですが、

 

実は腰反り過ぎ、胸張り過ぎの方が多く見受けられます。 

 

たぶん、一所懸命姿勢に気をつけて走っているのでしょうね。

 

 

 

でもでも・・・

 

 

良い姿勢と言うのは、ただ胸を張って、ピンとまっすぐに!というものではありません。

 

実は、これは無理な姿勢。

 

決して自然体ではないのです。

 

その証拠に、身体のあちこちに余計な力がたくさん入ってその姿勢を保っているはずです。

 

本当に良い姿勢と言うのは、身体の余計な力が、可能な限り抜けていて、

 

その上で、必要な部分にもっとも合理的な形で力が入り、そこを起点にこれまた必要な所に力が無駄なく伝達され、

 

最小限の力で連動し、十分に求める動きを行える状態のことです。

 

 

・・・ちょっと難しいですね。

 

 

要は、武道の達人の隙のない姿勢みたいなものをイメージしてください。

 

余計な所に力みがないので、どんな状況にも最速最短の合理的な動きで反応できるようなかんじです。

 

 

さてさて、一見ピンと背筋の伸びた良い姿勢に見えるランナーの話に戻りますが、

 

この姿勢で走るのは、サイドブレーキをひきながら、アクセルを踏んでいるようなもので、

 

実に疲れる走りです。

 

それだけではありません。

 

この姿勢で走り続けることによって、身体への異常な歪みや負担を生み、障害の原因ともなります。

 

 

 

例えば、着地する足首が外側に倒れ込むような重心のズレとねじれが発生し、過度な場合はオーバースピネーションが発生します。

 

すると足首の痛みはもちろん、腓骨筋や腸脛靭帯のトラブルの可能性が出てきます。

 

また、同時に膝が過度に伸びやすく、ニーアウトの傾向が強くなります。O脚っぽくなってきてしまうかもしれません。

 

膝の過度の伸びは、膝裏の痛み、ニーアウトは膝の内側につぶれの負担がかかるので、膝内側の痛みの原因になります。

 

さらには、腰の過度な前弯(前反り)は、腰痛の原因になります。

 

 

まーいろいろと、不都合なわけですよ。

 

 

みなさん、走ったり歩いたりする際は、力みを抜いて、なるべくリラックスして自然体で走ることを心掛けましょう!

 

 

 

おしょーブタ

 

 

仙台市 もう台風はたくさん…!

2018.10.06 | Category: きままブログ

みなさん、こんにちは、村田です。

先週の台風の傷跡も癒える間もなくこの三連休も台風が日本を縦断します。

仙台はかろうじて台風の影響をあまりうけないようですが、日本海側や北海道がまた被害が大きいようです。

また、台風が去った後は関西や東京、北関東方面は真夏の気温になるようです。

この気温が更新されると10月としては観測史上初めてだそうです。

世界規模で気候の変動が大きいくなっているようです。

日本もまた、例外ではなさそうなので、これから秋、冬に季節が移りますが、SF映画ような気候の変動がないことを祈るばかりです。

今日から3連休です。

車でお出かけの方は事故を起こさないように安全運転をして下さい。

それではまた来週・・・・・・‼

by 村田

ウォーキング&ジョギング中に気になること

2018.10.05 | Category: きままブログ,スポーツ,健康,美容,美容鍼

みなさん、こんにちは。

 

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

毎朝のジョギング中に、気になることが一つ・・・。

 

 

川沿いの土手道なんかを走っていると、結構多くのランナーとすれ違います。

 

そのとき、相手の顔を思わずチラ見してしまうのですが、

 

その時のお顔の表情・・・

 

あんまり笑顔で走っている人がいないんですね。

 

無表情かつ口角が下がっています。

 

つまり表情筋が完全弛緩状態・・・たるみ切っています。

 

たるんでいるので、お顔にお肉が余っている人は、頬っぺたぶるんぶるん!

 

これですと、お顔のお肉はどんどん重力に負けて下がってくることでしょう。

 

女性のバストと一緒ですね。ブラなしで走っているようなもんです。

 

 

 

お顔のお肉が下がってくると、

 

フェイスラインのたるみはもちろん、

 

それによって、法令線もくっきりと刻まれてきてしまいます。

 

それどころか、おでこから、まぶたから、すべて下に引っ張られるので、全体的に重く垂れ下がったお顔に!

 

とても、とても残念です。

 

せっかく健康のために、若さを保つためにフィットネスに勤しんでいるというのに、

 

お顔だけは、逆に老けてきてしまうかもしれません!?

 

 

 

・・・と、いうことで、みなさん!!

 

せっかくですから、走る時は・・・

 

口角上げて!

 

笑顔で走ってみましょうよ!

 

重力に負けずに、

 

表情筋にも運動させながら走りましょう!

 

広頚筋を十分にストレッチして緩めてから、

 

笑筋や頬筋を意識的に、キュッと引き上げて、

 

笑顔で走ってみましょう!

 

 

 

・・・そうすると、体だけでなく、お顔も断然若返ってくるはず!?

 

 

・・・と思って、ワタクシおしょーブタは、毎朝慣れない笑顔で走っています。

 

怪しい変質者ではございません。

 

正直、もともと笑顔が得意ではないワタクシおしょーブタは、ちょっと無理して頑張って口角上げて走っています。

 

むしろ引き攣った顔で走っていると言っても過言ではないかもしれませんが、

 

とにかく、口角上げて走り続けています。

 

 

 

・・・やっぱり、あやしい。

 

 

おしょーブタ

太もも(前)の肉離れ時の歩行のコツ

2018.10.03 | Category: 肉離れ

みなさん、こんにちは。

 

 

宮町鍼灸整骨院 院長のおしょーブタです。

 

 

 

前回のつづき・・・

 

現在、右太ももの前の肉離れ中のおしょーブタなのですが、

 

(きちんと言うと、右大腿直筋中上部肉離れ(Ⅰ度)です)

 

前回、ジョギングしても痛まないが、歩行では痛むとお伝えしましたが、

 

歩行も、普通に歩くと痛いのですが、ちょっと工夫するだけで、ほぼ痛みなく歩くことができます。

 

これも今回新たな発見なので、もし当院に同じような症状の患者様が来たらアドバイスできます。

 

 

 

方法は、

 

 

腸腰筋を意識して歩く!

 

コレです。

 

歩くとき、普通は股関節を軸に歩いていると思いますが、

 

この軸を、イメージでぐぐっと上に伸ばして、おへそのあたりに軸があると思いこみます。

 

足をずっと上の方にまで延長させて、股関節から足が生えているのではなく、おへそから両足が生えているようなかんじです。

 

歩行の軸をイメージでおへそにあると意識すると、一歩がおへそから出るような感じがします。

 

こうすると腰の骨から大腿骨の付け根を結ぶ腸腰筋のなかの大腰筋に意識が入るんですね。

 

意識が入ると、自然に反応します。

 

同時にお尻の穴を軽くキュッと締め、骨盤を少しだけ後傾(立てるようなかんじ)させて、お腹の丹田にも意識を入れます。

 

それで歩いてみましょう。

 

・・・まったく痛みなく歩けることに驚くことでしょう。

 

スピードをつけて走るときにも同様のイメージである程度まで対応できます。

 

 

 

なぜか?

 

運動学的にも説明がつくのですが、それは細かくなるので置いといて、

 

とにかく、痛みなく歩けるので便利ですよー!

 

 

 

おしょーブタ

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内