テニスで起こりやすいスポーツ障害の適切な治療とは

テニスは「テニス肘、インピンジメント、シンスプリント」といったスポーツ障害を起こしやすいとされています。
これらの外傷・障害は初期段階での適切な処置と、できるだけ早い段階での治療開始が非常に重要となっています。
また、外傷や障害の治療が、練習を続けながら行えるものなのか、一定の期間療養に専念すべきものなのかを見極め、症状に応じた手技整復、電気療養、テーピング固定などの施術を選択することも必要です。

仙台市青葉区にある宮町鍼灸整骨院では、テニス肘を初めとしたスポーツ障害に対して、詳細な原因を探るための観察・診断を行った上で、患者様の症状改善のために必要な施術を施しています。
例えば、オーバーユースによる障害の場合は、鍼灸、微弱電流などの施術を用い、疲弊した筋や関節の回復を促し、テニス肘に対しては微弱電流、高周波電気治療、AKA、関節包内矯正などを行うといったように、症状や原因によって最適な治療を選択しております。
宮町鍼灸整骨院は、仙台市青葉区宮町のほぼ中央というアクセス環境に恵まれた立地にありますので、学校や会社帰りに立ち寄るのに便利と嬉しいお声を頂いています。
また、土日祝日も開院しておりますので、休みに行われる試合中の思わぬ事故などにも迅速に対応ができます。
テニスのスポーツ障害や外傷でお悩みの方、ケガの後の早期復帰を望まれている方は、是非一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日なし
年末年始・盆期間中のみ休診
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内