Blog記事一覧 > PMS,女性疾患,生理痛 > 知ってるようでホントは知らない?!PMS⑥

知ってるようでホントは知らない?!PMS⑥

2021.10.14 | Category: PMS,女性疾患,生理痛

今回からは、なぜストレスで痛みが出やすくなってしまうのか?
説明していきたいと思います。

これを説明するには、ホルモンの話が必要になります。

すこーし難しいかもしれませんが、PMS・生理痛と関りが深い4つのホルモンのお話からしていきます。

今日は関わるホルモン①エストロゲンから。

エストロゲンは、通称キレイホルモン。

月経後から増えて、排卵後に急減します。

お肌のハリツヤアップ、セロトニン(これもホルモン)の分解を防ぐ、血管を強くする役割があります。

いいことばっかりじゃーん!と思いきや。

このホルモンも、やはり少なすぎても多すぎてもPMSの悪化につながります。

PMS以外にも、

多すぎると…

子宮内膜症・子宮筋腫の増悪、無排卵、乳がん・子宮がんのリスクアップ

少なすぎると…

生理不順、無月経、精神不安定、不眠

につながります。

前回お話ししましたが、コルチゾールと女性ホルモンはコレステロールが原料。

ストレスがかかるとコルチゾール分泌のほうが盛んになってしまうため、エストロゲンも分泌が減少し、PMS悪化の原因の1つとなります。

ホルモン分泌は、バランスが大事!

次回はもう1つの女性ホルモンプロゲステロンについてお話します。

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内