Blog記事一覧 > PMS,生理痛,自律神経,鍼灸 > 知ってるようでホントは知らない?!PMS⑧

知ってるようでホントは知らない?!PMS⑧

2021.11.11 | Category: PMS,生理痛,自律神経,鍼灸

これまでPMSは様々なホルモンの影響を受けるお話をしてきました。

今回も引き続きホルモンのお話。今回は「セロトニン」について。

セロトニンは、脳内伝達物質の1つで、ストレスや依存状態を和らげたり、自律神経の調整をしたりしています。

睡眠にも関係が深いホルモンで、朝に分泌されたセロトニンが夜間にメラトニン(これもホルモン)に変化し、スムーズな睡眠に導いてくれます。

5大機能として、

①覚醒の維持

②心の安定 

③自律神経の調整 

④痛みの抑制 

⑤姿勢の維持 があります。

セロトニンが、PMSとどうして関係があるのか?

実は、エストロゲン(キレイホルモン)との関りが大きく、エストロゲンが減少するとセロトニンも減少するため、セロトニンが最も低下したときに排卵が起こります。

セロトニンが減少すると、うつ・イライラ・酒乱・糖分欲求につながります。

女性のセロトニン生成スピードは男性の1/2。

作られるスピードが遅いため、分泌量が低下しやすい。

そして、それはPMSにつながる…。

これを防ぐためには、セロトニンの日々の底上げが大切です。

次回はセロトニンの分泌アップ方法について!

当院へのアクセス情報

宮町鍼灸整骨院

所在地〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町2-1-47 阿部幸ビル2F
駐車場5台あり
電話番号022-268-0855
休診日日曜日
年末年始・盆期間中
院長鈴木 一誠

駐車場のご案内